家族間の自動車保険の等級引き継ぎ

 自動車保険のノンフリート等級は家族間で引き継ぐことが可能です。等級が上のドライバーが運転をしなくなるような場合には、その保険の名義をドライバー歴が短い家族に切り替えると保険料を安く抑えることができます。

家族間で等級を引き継ぐときに重要なこと

  • 【イラスト】注意点

 ノンフリート等級を引き継ぐ形で自動車保険の名義を変更する場合、重要なのが新旧の契約者の続柄です。一般的に自動車保険会社では、ノンフリート等級を引き継げる人物は配偶者や子供、兄弟、親族のみとなっています。それも、同居中の場合しか引き継ぎができないことが多いので、もし新しいドライバーに引越しの予定があれば、早めに名義変更をしておきましょう。
【引き継ぎを機に見直してみては?】自動車保険ランキング>>

名義変更で等級を引き継いで新車購入時の保険料を抑える

 名義変更によりノンフリート等級を引き継ぐことで、新車購入時の保険料を安くするテクニックがあります。ここでは、父親が20等級で、同居の20歳の息子が新たに車を購入した場合の保険料を考えてみましょう。年齢によって保険料は変わってくるのですが、息子はまだ若いため、通常どおり新規契約しようとすると保険料は8万円近くになってしまいます。

 このような場合には、父親が契約している自動車保険の名義を息子に変更してみましょう。すると父親の20等級が息子に引き継がれ、等級による割引が適用されて保険料は4万円程度にまで下がります。この状態で父親がセカンドカー割引の用意されている新しい自動車保険に契約すると、ノンフリート等級は7等級からスタートするため保険料は上がりますが、その額は1万7000円程度に収まるため、結果として家族全体で支払う保険料を安く抑えることができるのです。

 なお、家族が2台目の車を購入する場合には、必ずセカンドカー割引を適用させましょう。適用させない場合は新しい保険のノンフリート等級が7等級ではなく6等級になるため、保険料が高くなってしまいます。

【参考】家族全体の保険料の総額

父親/息子

総額

息子が新規契約した場合

1万5860円/7万9380円

9万5240円

息子に等級を引き継いだ場合

3万3430円/3万9940円

7万3370円


【参考】新車のマーチにおける等級・年齢別保険料の例

20等級

7等級

父親(60歳)

1万5860円

3万3430円

息子(20歳)

3万9940円

7万9380円

(※父親は60歳でゴールド免許取得。息子は20歳の場合)
(※セカンドカー割引を適用、車両保険はなしで、Eプランの場合)
(※2012年5月時点の情報を掲載)

自動車保険を比較する

個別or一括見積もり 違いを比較

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。