経理担当の悩みの種?!自動車保険の勘定科目

  • 【画像】勘定科目

 個人事業主や企業の経理担当者は、「この費用はどの勘定科目に仕訳ければよいのだろうか」と悩むときがあるのではないでしょうか。とくに自動車保険料など、年に何回も計上するわけではない費目については、余計に戸惑ってしまいます。

 ここでは、自動車保険をどの勘定科目に仕訳ければよいか解説していきます。あわせて、車を維持するためにかかるガソリンや車検、駐車料金、高速道路料金、税金、修繕費用の勘定科目についてもご紹介します。一見複雑そうに見えますが、困ったときはこの費目に振り分ければよいというような勘定科目もあります。車に関する費用の仕訳がいまいちよく分からないという方は、ぜひ確認してみましょう。

経理担当の敵?!基本をマスターしたい勘定科目とは

<自動車保険との関わりについて>
 自動車保険は、損害保険のうちのひとつです。事業のために車を使用しているのであれば、売り上げに必要な費用として計上することができます。強制保険の自賠責保険と任意保険の2種類がありますが、どちらも費用にあてることができます。費用科目の車両費や保険料などに仕訳けますが、保険契約が1年以内であれば一括で計上するのに対し、複数年契約であれば、期間に応じて計上することになります。

自動車保険料はどうなるの?どれに仕訳ける?

 自動車保険は強制保険(自賠責保険)と任意保険の2つに分けられます。それぞれどこに仕訳けるか若干異なりますので、それぞれ分けて説明していきます。

【強制保険(自賠責保険)】
 強制保険は、「損害保険料」または「車両費」に仕訳けます。車両費は車に関する費用のことなので、自動車保険料を車両費に含めることは問題ではありません。費用が少額で法律上加入が義務付けられているという理由から、全額費用を一気に計上することが可能です。

【任意保険】
 契約期間が1年以内の任意保険の場合、「損害保険料」または「車両費」に仕訳けます。これも強制保険と同じく、どちらかを選択するようにしてください。契約が複数年にまたがっている契約は、長期前払費用勘定で処理し、期間ごとに按分してから損害保険料または車両費に仕訳けましょう。長期前払費用で計上したものは、毎年按分した金額を仕訳ける必要があるので、忘れずに損害保険料または車両費に計上するようにしてください。

ガソリンや車検…自動車維持にかかわる経費について

 次に、ガソリンや車検など、車を維持するうえでかかせない経費についても仕訳のポイントをご紹介します。

【ガソリン】
 基本的には、車両費に仕訳けます。あまり事業で車を使わない方が一時的に使用し、ガソリンも一時的にかかったという場合には、旅費交通費に含めてもかまいません。

【車検】
 修理を伴う車検については、修繕費に仕訳けることができますが、修繕がない場合は車両費に仕訳けましょう。

【駐車料金】
 毎月のように発生する駐車料金は、地代家賃に仕訳けます。一時的にコインパーキングを利用した場合などは、旅費交通費に仕訳けることができます。

【高速道路料金】
 有料道路料金などは、旅費交通費に仕訳けます。

【税金】
 自動車を維持するためには、自動車税や自動車取得税、自動車重量税などがかかります。このような自動車に関する税金は、租税公課に振り分けます。

【修理費用】
 車検整備費用やタイヤ交換費用、板金修理費用などは、修繕費にあてることができます。

迷ったときはどうするか?仕訳けるときの注意点

<どの勘定科目にあてはまるのか不明な場合どうするか>
 車に関する費用のうち、どの勘定科目に仕訳けるのか迷ったときは、車両費にあてるようにしましょう。基本的に、車両費は車に関する費用を振り分けることができる万能な費目です。車に関する費用をまとめて車両費に振り分けても問題ありませんが、経費を正しく管理していく意味でも出来るだけ適切に仕訳するようにしましょう。

<経費になるもの、ならないものを確認すること>
 経費になるものは、事業に関する部分のみです。家庭用の車に関する保険料や維持費などは経費に含めることができないので、家事と事業でそれぞれ何パーセントというように、使用状況に応じてあらかじめ費用按分しておくようにしましょう。

<年の途中で自動車保険の契約をした場合はどうするか>
 期中に自動車保険の契約をして、保険料を年払いとした場合は、月額として計算しなおして仕訳けることになります。例えば7月に保険を契約したなら、7、8、9、10、11、12月分は勘定科目に仕訳けることができます。年間保険料を12か月で割って月額保険料を出したら、6か月分の保険料について必要費用とすることができます。
 自動車保険の勘定科目について解説しましたが、最後にポイントをまとめます。

・自動車保険は、強制保険も任意保険も「損害保険料」または「車両費」に仕訳ける。
・車を維持するためにかかるガソリン、車検、駐車料金、高速道路料金、税金、修理費用などは項目ごとに仕訳ける勘定科目が異なる。
・どの勘定科目に仕訳けるか迷ったときは「車両費」として計上する。


 自動車保険の勘定科目は「損害保険料」または「車両費」となりますので覚えておきましょう。車両費は、車にかかる費用をあてることができる万能な費目です。迷ったときは車両費に仕訳けるようにして、計上忘れを防ぎましょう。

自動車保険を比較する

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ 自動車保険の一括見積もりはこちら

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。