年齢で変わる自動車保険のお得な契約方法とは?

  • 【画像】個人賠償責任特約

 自動車保険の保険料は、契約する車種や補償範囲、補償額などから総合的に判断されます。その条件のひとつに、運転者の「年齢」があります。例えば、19歳や20歳といった若年層のドライバーは、事故の件数が高い傾向にあり、その分保険料も高くなっています。これは免許を取ったばかりで運転に慣れていないため、事故を起こす可能性が高いからと考えられます。

実は、年齢による保険区分や細かい条件は、保険会社によって異なります。ここでは、おおまかな適用範囲や、若年層のドライバーが保険料を安く抑える方法などについてご紹介します。

年齢が若いと保険料が高くなる

 自動車保険の見積もりを取るときは、必ず年齢を聞かれます。また、契約者の年齢だけではなく、保険を適用させる家族の年齢についても伝えることになります。これは、例えば「21歳以上」「26歳以上」「35歳以上」などといった「運転者年齢条件の選択によって、自動車保険の保険料が変わるためです。

 保険料が最も高くなるのが全年齢」で、これは運転者の年齢を制限せず補償が受けられる契約です。一方、21歳以上や26歳以上といった年齢制限を選択すると、補償の対象が制限されますが、保険料は「全年齢」に比べて割安になります。

年齢区分の適用範囲

 ・記名被保険者
 ・記名被保険者 の配偶者
 ・記名被保険者 またはその配偶者の同居の親族
 
 ※それ以外の方が臨時に運転される場合は年齢を問わず補償(「帰省中のお子様」や「別居の親族」、「友人・知人等」)

 運転者年齢条件の年齢区分は、「同居している家族に対して適用されます。そのため、50歳の父、45歳の母、20歳の息子の3人が車を運転する場合、家族全員が補償を受けるためには運転される人のうち最も若い人の年齢が20歳なので「全年齢」を選択する必要があります。これは、主となる運転者が父であることは関係ありません。もし「35歳以上」という条件を選択して息子が事故を起こした場合は、保険金は支払われません。ところが、息子が父と同居しておらず、さらに息子に婚姻歴がない場合には補償の対象となります。

 なお、運転者を限定する特約をセットしている場合はその範囲内での補償となります。「本人限定」や「本人・配偶者限定」の場合は、年齢を問わず補償の対象にならないため契約の際は気をつけましょう。なお、友人や知人に関しては、運転者の範囲を「なし」にしていれば、年齢区分を問わず補償を受けることができます。

高齢者の保険料も高い?

 自動車保険料は、基本的に若ければ若いほど高くなる傾向があります。一方、高齢化が進む中で、高齢者ドライバーによる事故のニュースも増えてきました。運転自体には慣れていても、加齢に伴い視力やとっさの判断力が衰えていくため、若いドライバーと同様に事故リスクが高いといえるでしょう。
 そのため、主たる運転者の年齢が上がっていくにつれて保険料はアップする可能性があります。

会社によって異なる年齢による保険料の差とは?

 どの保険会社でも、年齢によって保険料が変わるのは同様ですが、「どの程度違うのか」または「どういった違いを設けているのか」は、それぞれ異なります。賢く比較をすれば、保険料を安くすることができますので、一度チェックしてみましょう。

高齢者の保険料
 損害保険料算出機構によると、70歳以上の運転者のリスクは29歳以下の運転者と同様に高い傾向にあるようです。高齢者の保険料については保険会社によって異なりますが、年齢が上がったことで保険料が急に高くなったと感じたら、ほかの保険会社でも見積もりを取ってみるといいかもしれません。

年齢区分
 多くの保険会社で、「21歳以上」「26歳以上」「35歳以上」という年齢区分を設けていますが、会社によっては、35歳以上ではなく年齢を細分化し「30歳以上」にしている場合があります。そのため、契約者の年齢に合致する年齢区分を設けている会社があった場合乗り替えることで保険料を抑えられる可能性があります。

保険料でチェック! 自動車保険顧客満足度ランキング>>

年齢が低い場合の保険料節約法

 一般的に若年で自動車保険を契約すると、保険料が高くなります。そこで、年齢が低い方が少しでも保険料を安くするテクニックをご紹介しましょう。

家族の等級を引き継ぐ
 祖父母や両親の自動車保険がある場合は、その等級を引き継ぐことができます。車ごと保険を引き継ぐ場合は契約している保険会社に連絡をして名義変更をするだけですから、手続きも簡単です。

 一方、新たに車を買う場合は、まず、親が車両入替をしてから、その後、名義を子供に変更することになります。名義変更をした場合、祖父母や両親が、また新たに自動車保険に加入すると新規扱いとなりますので、等級はリセットされます。しかし、祖父母や両親の等級を下げても若年ドライバーの等級を上げるほうが家族全体の保険料は安くなる場合があります。

 ただし、等級の引き継ぎは同居している家族間でしか行うことができません。別居している場合は利用できませんので注意しましょう。

誕生日を利用する
 年齢区分の境目で保険に加入している場合、誕生日を迎えた時点で年齢区分の変更を行うことで保険料を安くできます。契約している保険の年齢区分を確認して、誕生日を迎えたら保険会社に連絡して契約の変更をしましょう。

自動車保険を比較する

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ 自動車保険の一括見積もりはこちら

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。