車両保険は無駄?中古車の上手な保険の入り方

  • 【画像】中古車保険

 自動車保険は、購入する自動車の車種や形式によって保険料が異なります。そして、同じ車種でも新車と中古車では、保険料が違うことをご存じでしょうか?

 ここでは、中古車を購入する場合の自動車保険選びで注意したいポイントを説明していきたいと思います。

さまざまな補償が組み合わさった「自動車保険」

 一口に「自動車保険」といっても補償の内容はさまざまで、おもに以下のようなものに分類できます。

・対人賠償保険
・無保険車傷害保険
・自損事故保険
・搭乗者傷害保険
・人身傷害補償保険
・対物賠償保険
・車両保険


 一般的な自動車保険では、これらの補償を総合的にカバーするものが多いのです。しかし、特定の補償をはずしたり、あるいは特定の補償を手厚くしたりといったカスタマイズが可能となっており、それによって加入者に最適な自動車保険を設計できるようになっています。

免責金額の設定も重要な「車両保険」

 車両保険に関しては、ほとんどの自動車保険でオプション扱いとされており、契約者がつけたいかどうかで決めることができます。

 自動車保険は、車種・形式、使用目的、保険対象者、使用地域、年間走行距離など、保険会社ごとの算定基準により保険料が違ってきます。通常の自動車保険では、原則として「新車か中古車か」といった違いは保険料の算定基準に含まれませんから、一見、保険料への影響はないように思われます。

 ただし、車両保険に関しては違います。車両保険の補償額は、契約時における契約車両の市場価値で査定されます。車は経年とともに資産価値が減少していくと考えられますから、古い車の場合は損害が発生しても補償額は少ししか支払われません。しかしその一方で、車両そのものの価値が低く査定される分、新車と比べて車両保険が割安になることも見逃せません。

 また、車両保険はどんな損害まで補償するのかを定める補償範囲の設定によって、保険料が大きく異なります。さらに、免責金額(一定額以下の損害は補償しない)を設定することで、保険料を抑えることも可能です。

 免責とは、例えば免責金額を10万円に設定した場合、車が故障して修理代が30万円かかったとすると、10万円は保険加入者の自己負担で、残り20万円が保険金として支払われるというものです。「数万円程度の修理なら自分で負担するが、10万円を超える負担には車両保険を使いたい」ということであれば、免責金額を10万円に設定しておけばいいということになります。また、保険を使うと等級がダウンし、翌年以降の保険料が上昇してしまうことを考えると「少々の損害に保険を使ったのでは割に合わない」という考えもできるでしょう。

車両保険はローンの有無も考慮して

 「どうせ中古車だし、少々の傷やへこみは放っておいてもいい」という考え方をするなら、あえて車両保険をつけずに保険料を安くするという考え方もあるでしょう。ただし、中古車をローンで購入する場合は、車両保険を念頭に置いたほうがいいかもしれません。もし、自損事故で車が著しい損害を被ったような場合、ローン支払い中の車を廃車にするためにはローンの残債清算が必要ですし、車を再購入するにはまとまったお金が必要です。壊れてしまった車のローンを一括返済した上で、新たな車のローンがそれに重なると、かなりの負担となるのではないでしょうか。このような場合、車両保険に加入していれば保険金でローンの残債を一括返済し、新たにローンを組んで次の車を購入するといった選択肢も考えられます。

中古車でも新車割引が適用されることも

 自動車保険の多くは、契約対象車が新車の場合、数年間にわたって10%程度の「新車割引」を行っています。また、特に車両保険に限っては20%以上の大型割引を行っている保険会社もあります。これは車の初度登録年月や初度検査年月から一定期間(多くは25ヶ月)以内に契約すると、保険料が割り引かれるというしくみです。

 中古車を買われる方は、「新車じゃないから関係ない」と思い込んでいるかもしれません。しかし、車の初度登録年月や初度検査年月から一定期間以内であれば、中古車でも新車割引の対象になる可能性があります。高い保険料を少しでもセーブできるならぜひ活用したいしくみです。
 中古車購入時の自動車保険選びについては、新車購入時とは違った注意点があります。中古車を初めて購入する方は、ご注意ください。

自動車保険を比較する

個別or一括見積もり 違いを比較

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。