車を手放すとき 等級を無駄にしない自動車保険の「中断証明書」

 自動車保険は等級制度があり、保険を使わずに更新すれば割引率が1年ごとに大きくなる。車を手放すとき、再び保険加入の可能性があるなら、中断証明書を発行しておこう。

中断証明書とはなにか

 廃車などにより車に乗らなくなるが、もしかすると先々新たに車を買う、または、自分は運転しないが、同居の家族が免許を取って車を買うかも知れない。そんな可能性があるならば、中断証明書を有効活用しよう。たとえば、次のようなケースにおすすめだ。

「高齢になって免許返納、車を廃車」
「海外へ転勤するので車を売却」
「生活環境が変わり車を使わなくなり譲渡」

 いずれも任意保険は不要になり解約となる。通常、保険を解約すれば、これまでの等級は消滅するが(5等級以下を除く)、7等級以上で車を手放すのなら、中断証明書を必ず発行したい。なぜなら再度車を買って任意保険に加入するときに、契約していた等級が生かせるからだ。つまり、等級による割引を使えるので、最初から入り直すよりもお得に契約できる。しかも10年間有効で、加入していた保険会社と違う会社でも大丈夫だ。

通常スタート時と割引率を比較

 たとえば、以前の契約で15等級だった場合、中断証明書があれば再び15等級で保険を開始することができる。通常スタート時の6等級と比較すると、割引率は以下のように異なる。

・6等級/19%割引
・15等級/51%割引

 正確な割引率は条件によって変わるが、基本的には上記の通り約30%も開くことになる。等級の高いドライバーは、ぜひ利用したいところだ。

中断証明書の発行方法

 保険を解約する日が決まったら、保険会社に連絡して中断証明書の発行依頼をしよう。基本的に電話などで依頼する形になり、そのときに発行条件を満たしているか確認される。そのあと、書類のやりとりをして発行となる。基本的には「中断証明書発行依頼書」といった書類を郵送で送付する必要がある。なお、発行するのに手数料は不要だ。

 ただし、満期日が近い場合は注意が必要だ。更新や他社移行含む次年度の契約をせず、保険料の支払をしなければ解約となるが、中断証明書が自動的に届けられることはない。廃車を伴うなら、必ず依頼を行う必要がある。

発行条件はあるのか

 まず7等級以上であることが前提となるが、もし契約中に事故があった場合は、次契約の等級が7等級である必要がある。それに加えて、以下のいずれかの条件を満たす必要がある。

【1】解約日、または満期日までに廃車、他人への譲渡、売却、リース業者への返還手続き等を終えている
【2】解約日、または満期日までに車検証の有効期限が切れており、継続して車検を受けていない
【3】他の契約の自動車の廃車などに伴い、解約日(または満期日)までに、他契約の車と入れ替えている
【4】道路運送車両法第16条に基づき、解約日までに一時的に抹消登録している
【5】解約日(または満期日)以前に盗難に遭い、車両が発見されていない
【6】解約日(または満期日)以前に災害に遭い、車両が焼失した
【7】転勤などで海外渡航する場合、解約日(または満期日)が海外渡航日(出国日)の6ヶ月前の日以降である場合

 【1】〜【7】のいずれかの条件を満たしていれば中断証明書は発行される。ただし、満期日(または解約解約日)から13ヶ月以内に「発行依頼書」の提出が期限となる。解約後でも依頼は可能だが、期限にはくれぐれも注意したい。

中断証明書の適用条件

 中断証明書は、自分が持っていなくても、同居の家族が過去に発行していれば使うことができる。車を手放した両親や祖父母がいれば、まずは発行している可能性があるか確認したい。ただし、適用には条件があるので注意しよう。

・中断証明書が有効期限内であること
・新たな保険始期日から過去1年以内に新規に取得した車であること
・車検切れ、または16条抹消後、初めて車検を受けた車であること など

 また、使える人についても条件がある。

・中断証明書に記載の記名被保険者
・中断証明書に記載の記名被保険者の配偶者
・中断証明書に記載の記名被保険者or配偶者の同居の親族

 中断証明書の記名被保険者の名前が両親や祖父母でも、同居していれば問題なく使える。このほか、車両所有者などにも条件があるので、詳細は新たに契約する保険会社にきちんと確認しよう。

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。