短期の自動車保険の仕組みと特徴を理解しましょう

  • 【画像】短期の自動車保険の仕組み

 久しぶりに帰省して家族の車を運転しようとしたところ、自動車保険の被保険者の対象外になっていたなど、家族や友人の車を少しだけ運転したいのに、保険が使えなくて困った経験がある方もいるのではないでしょうか。そんな時にお勧めなのが「短期の自動車保険」です。

 近年始まったサービスで、文字通り「短期間」車を運転したい場合に加入できる保険です。パソコンやスマートフォンで申し込んで、コンビニで支払いができるなど簡単な手続きで、思い立った時に手軽に利用することができます。そこで自動車保険を短期で利用する方法から、ケース別の上手な活用方法、「1日自動車保険」「ドライバー保険」のメリット・デメリットまで解説します。

短期で自動車保険に加入する方法はどのようなものがあるの?

 旅行で友人の車を交代で運転するなど、他人の車を運転する際に短期で保険を使う方法について確認していきましょう。

 短期で自動車保険を使うには、以下のような方法があります。
(1)1日自動車保険を使う
(2)ドライバー保険へ加入する
(3)他人の自動車保険を使わせてもらう
(4)1ヶ月単位で通常の自動車保険へ加入する(車を自分名義で所有する場合のみ)

(4)は通常の自動車保険を分割払いにして1ヶ月で解約するという方法ですが、車の名義変更をして、自分名義にする必要があります。

 2ヶ月未満など、短期間だけ運転する場合は、1日自動車保険やドライバー保険など短期間に対応している保険を活用することになります。

保険料でチェック! 自動車保険顧客満足度ランキング>>

期間やケースで変わるおすすめの自動車保険のタイプ

 短期の自動車保険をどのように選べば良いのか、シチュエーション別にお勧めの保険を確認していきましょう。

【家族や同居の親族の車を運転する場合】
 ドライバー保険は「他人(家族や同居の親族以外)の車」を運転するための保険です。家族や同居の親族、自分が役員になっている会社の車は補償の対象外です。1日自動車保険を利用する場合は、最大で7日間連続が上限です。7日以上の場合は、更新しながら活用することになります。

【他人(家族や同居の親族以外)の車を運転する場合】
(1)1日だけ、他人の車を運転する場合
1日自動車保険を選びましょう。1日500円からで、事故があっても補償が受けられる頼もしい保険です。

(2)1ヶ月間、他人の車を運転する場合
1ヶ月間他人の車を運転する場合は、1日自動車保険を更新しながら利用するとドライバー保険加入よりもお得になります。7日間で更新という点だけ忘れないようにしましょう。

(3)2ヶ月以上、他人の車を運転する場合
1日500円の1日自動車保険ですが、2ヶ月では約3万円かかります。ドライバー保険加入と変わらない金額になります。2ヶ月以上、他人の車を運転する状況があらかじめ想定される場合は、はじめからドライバー保険へ加入しておく方がお得です。

【レンタカーを運転する場合】
 レンタカーを借りる場合は、基本的にレンタカー会社の保険を利用することになりますが、ドライバー保険でも対象範囲内です。しかし1日自動車保険は対象外なので注意しましょう。

 事故などで家族や友人の保険を使用すると、保険料が上がり迷惑をかけることにもなりますので、ご自身で1日自動車保険かドライバー保険に加入すると良いでしょう。また、ドライバー保険では家族や同居の親族の車は補償されてない点に特に注意して下さい。

「1日自動車保険」「ドライバー保険」のメリットとデメリット

 他人の車を運転する際に加入する保険として、「1日自動車保険」と「ドライバー保険」の2種類があります。両方とも「車」ではなく、ドライバーという「人」を対象とした点では共通です。これらのメリット・デメリットについて確認し、用途に合わせて適宜使い分けましょう。

【1日自動車保険のメリット】
(1)スマートフォンやコンビニなどで24時間いつでも簡単に加入手続きをすることができる
 保険料の支払いは、毎月の電話代金と一緒に決済されるキャリア決済やコンビニ支払いなどのため、手間もかからず簡単です。
(2)必要最小限の無駄のない保険料で済む
 1日自動車保険は車を運転する日数に応じて1日単位で加入することができるため、支払う保険料に無駄が出ません。1日500円からとワンコインで済むのもポイントです。
(3)一定の日数無事故だった場合、自動車保険新規加入時に割引が適用される
 2017年4月1日現在、1日自動車保険を販売している保険会社は、いずれも最大20%も割引となります。
(4)等級制度が無い
 通常の自動車保険は等級が設けられており、事故を起こすと等級が下がり、支払う保険料が上がってしまいます。1日自動車保険には等級が無いため、旅行など不慣れな道を運転する際は、念のため等級を守るために加入するのも活用方法のひとつです。

【1日自動車保険のデメリット】
(1)PCなどから契約できない場合がある
 保険会社によっては1日自動車保険はdocomo・au・SoftBankのスマートフォンからでないと加入できません。フィーチャーフォン(ガラケー)や格安スマホのユーザーの方は注意が必要です。
(2)一定期間以上車を運転するのなら割高になる
 1日500円の保険料でも、月額で1万5000円にもなります。2ヶ月以上車を運転する場合、ドライバー保険も視野に入れてみましょう。
(3)1日自動車保険は搭乗者傷害は付いているが、人身傷害補償が付いていない
 事前に定められた規定の保険金しか支払われないため、場合によっては自己負担額が発生するリスクがあります。

【ドライバー保険のメリット】
(1)搭乗者保険が付いているドライバー保険は対人賠償保険、対物賠償保険に加えて、1日自動車保険ではカバーしていない搭乗者保険が付いています。けがの状態に応じて支給され、自己負担額はほとんどありません。
(2)補償される車種の範囲が広い
 一般的な普通車から、軽自動車、2トントラック、バイク、原付までほぼカバーされています。
(3)2ヶ月以上他人の車を運転する場合は、1日自動車保険よりも保険料がお得
 プランも基本プランとセットプランが選べます。

【ドライバー保険のデメリット】
(1)基本的に他人の車しか補償されない点に注意
 家族の車や役員になっている会社名義の車は補償されません。これらは自動車保険で対応することになるため、うっかり無保険で運転をしたりすることのないようにしましょう。
(2)等級がある
 一般的な自動車保険と同じように、ドライバー保険には等級があります。事故を起こすと保険料が上がってしまいます。また、無事故で等級が上がって保険料が安くなったとしても、自動車保険には引き継げない点も大きなデメリットです。

 他人の車を運転する期間が「年間で2ヶ月以上」の場合のみ、ドライバー保険を選択する方が良いといえます。

「少しだけ他人の車を運転したい」というシーンは意外と多いでしょう。しかし、いくら短期間、短時間であろうとも、無保険で車を運転することは大きなリスクが伴うため厳禁です。事故を起こした場合、実費で補償をしなければいけませんし、車の持ち主にも迷惑をかけてしまいます。ここでご紹介した短期の自動車保険は、利用期間に応じて少額で契約できるため、無駄やリスクもなく、安心して家族や友人の車を運転することができます。また、手続きもスマートフォンで完結できたり、コンビニで決済できたりと簡単なため、必要に応じていつでも契約することができます。

自動車保険を比較する

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ 自動車保険の一括見積もりはこちら

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。