運転者年齢条件による保険料の割引

 自動車保険の保険料は契約者や契約する車によって異なります。新車などでは条件によって保険料が高額になることもありますが、補償が適用される範囲を限定することで、通常よりも保険料を大幅に下げることが可能になります。

自動車保険では、補償範囲となる運転者と年齢を指定できる

  • 【イラスト】注意点

 見積りをとってみたものの保険料が高すぎると感じた場合には、事故の際に補償が適用される範囲を見直してみましょう。各自動車保険会社では主に補償範囲となる運転者と年齢を指定することができるので、「誰が運転するのか」を改めて考えてみると良いかもしれません。

 ただし、補償範囲を指定した場合、その範囲外となるドライバーが事故を起こしても保険金は支払われません。補償範囲を限定する際には、車を運転する可能性のあるドライバー全員が漏れていないか注意する必要があります。

補償対象となる年齢を上げれば保険料は安くなる

 一般に年齢が上のドライバーほど、ゴールド免許保有者やベテランであるケースが多くなり、運転時の事故リスクは若年者より低くなる傾向にあります。そのため、補償が適用される年齢層を上げるほど保険料は安くなります。

 なお、年齢条件を指定する場合、その区分は主に「21歳以上」「26歳以上」「30歳以上」「35歳以上」というように設定されています(保険会社により多少異なります)。保険料の値下げ幅は区分によって異なりますが、一般的に若い世代を除外するほど保険料は大きく下がります。保険契約を結んだ車を運転するドライバーのうち、最も若い人が上記区分の誕生日を迎えた場合には、自動車保険の年齢条件を見直してみましょう。その一方で、家族が新しく免許をとった場合などには、年齢条件の範囲内であるかを確認して、必要があれば契約内容を変更してください。

範囲外の年齢でも補償を受けられるケース

 自動車保険の契約で運転者の年齢条件を指定した場合でも、それを下回る年齢のドライバーが事故を起こした際に補償を受けられることがあります。

 例えばA社の自動車保険では、「21歳以上」の運転者年齢条件で契約していても、契約者の子供が未婚かつ同居していない場合であれば20歳以下でも補償が受けられます。これは、契約者の友人など、家族以外の人についても同様です。また、運転者が「21歳以上」かつ「契約者の家族のみ」という条件で契約していても、先ほどと同様に別居かつ未婚の子供であれば年齢を問わず補償が受けられます。このように、運転者年齢条件はすべての運転者に対して適用されるわけではありませんので、契約の際は誰の年齢を考慮すべきかよく確認してください。

【参考】補償範囲を年齢で限定した場合のA社の保険料

限定なし

月額2万280円

21歳以上のみ

月額1万1660円

26歳以上のみ

月額7560円

35歳以上のみ

月額7240円

(※マーチAK12/日常・レジャー使用/本人と家族に限定/車両保険なし/Aプラン適用時の場合)
(※2012年5月時点の情報を掲載)

自動車保険を比較する

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ 自動車保険の一括見積もりはこちら

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。