最新2019年 自動車保険ランキング

30代 満足度ランキング

1位

ソニー損害保険

74.98
ダイレクト型
  • 30代/女性
    30代/女性

    他社に比べ、保険料が安かった。
    (30代/女性/ワゴンR/ゴールド免許/3,000km以下)

  • 50代/男性
    50代/男性

    追突事故を起こし電話をして、必要事項を伝えたら、すぐに折り返しの電話があり、担当が決まっていた。あとは、お任せで、進行状況の報告が定期的にあった。
    (50代/男性/アクセラセダン/ゴールド免許/3,000km以下)

2位

イーデザイン損害保険

74.89
ダイレクト型
  • 40代/女性
    40代/女性

    ネットでじっくり理解するまで文章を読むことが出来、納得出来た。
    (40代/女性/X3/ゴールド免許/3,001km〜5,000km)

  • 60代以上/男性
    60代以上/男性

    路肩に車輪を脱輪してレッカー車を頼んで助けを呼んだ際に保険の有難みが十分わかったので補償内容を万一に備えて増やした。
    (60代以上/男性/ノート/ゴールド免許/3,001km〜5,000km)

3位

チューリッヒ保険

74.80
ダイレクト型
  • 40代/男性
    40代/男性

    安い保険料で300万円程度の損害を保証してもらった。
    (40代/男性/AZ-ワゴン/その他/5,001km〜7,000km)

  • 30代/男性
    30代/男性

    全部担当者がやってくれた。
    (30代/男性/A4オールロードクワトロ/ゴールド免許/5,001km〜7,000km)

電話でお問い合わせ

0120-861-525

受付時間:9:00〜20:00(年末年始を除く) 

4位

アクサ損害保険(アクサダイレクト)

74.79
ダイレクト型

適切に対応してくれた。
(40代/女性/セレナ/ゴールド免許/3,001km〜5,000km)

進捗状況を、メールでこまめに報告してもらえたので良かった。安心できた。
(30代/女性/ノアハイブリッド/ブルー免許/3,000km以下)

5位

損保ジャパン日本興亜

74.16
代理店型

人身物損事故を起こした時に、相手の方の対応する担当と、相手のお車に対応する担当が分かれていたので、スムーズで行き届いた対応ができたと思う。
(40代/女性/シエンタ/ブルー免許/3,000km以下)

保険金、給付金を受け取るまでスムーズだった。
(30代/男性/プレサージュ/ブルー免許/15,001km以上)

6位

AIG損害保険

74.09
代理店型

急ぎでお願いして、その通りやってくれた。
(30代/女性/ステラ/ゴールド免許/3,001km〜5,000km)

簡単明瞭なチラシで説明をしてくれたのでわかりやすかった。
(40代/女性/ワゴンRスティングレー/ブルー免許/7,001km〜10,000km)

7位

東京海上日動火災保険

74.05
代理店型

いつでも対応していただいた。不安だったのに少し気が楽になった。やはりどうして保険にはいるかと言うと相手と交渉していただくのでそれを十分できる所だから。
(60代以上/女性/ラクティス/ゴールド免許/3,001km〜5,000km)

事故の場合、いつ何処でどのような状況なのかを把握する理解対応とそれに対しての手配、配慮が的確で分かりやすく、何をどうすれば良いか落ち着いて行動できることです。
(60代以上/男性/N-BOX/ゴールド免許/5,001km〜7,000km)

8位

三井ダイレクト損害保険

73.83
ダイレクト型
  • 60代以上/男性
    60代以上/男性

    1.自己負担率が100%かと思っていたが、80%と相手の見落としも20%認められ、本音に近い結果に感謝した。 2.相手方との交渉もしていただき、精神的ストレスも、大きく低減してもらった。
    (60代以上/男性/プリウス/その他/5,001km〜7,000km)

  • 50代/女性
    50代/女性

    事故を起こし支払をお願いする側だったが、すべてにおいて親切丁寧で迅速に相手に交渉し完了してくれたこと。
    (50代/女性/セレナ/ブルー免許/7,001km〜10,000km)

9位

あいおいニッセイ同和損害保険

73.11
代理店型

事故の内容に対して、対応やサービスが良く、妥当な料金だと思った。
(50代/男性/ノアハイブリッド/ゴールド免許/10,001km〜12,000km)

さっと手続きができて、無駄な時間をとらないから。
(50代/男性/SX4/ブルー免許/3,001km〜5,000km)

10位

三井住友海上火災保険

73.07
代理店型

全て教えて頂き、用紙に記入するだけで簡単。
(40代/男性/ラウム/ブルー免許/3,000km以下)

自損事故で、運転手でも搭乗者保険が適用される。
(50代/男性/ラパンショコラ/ゴールド免許/3,000km以下)

※カッコ内には回答者の(年代/性別/搭乗車種/免許の色/走行距離)を記載しています。

自動車保険の顧客満足度を項目別に並び替えて比較することが出来ます。

TOP ランキングTOP
評価項目別 加入・更新手続き 商品内容の充実度 保険料 事故対応 調査・認定結果 受取額・支払いスピード ロードサービス
年代別 20代 30代 40代 50代 60代
業態別 ダイレクト型 代理店型

自動車保険 利用者16,378人が重視した項目

保険料
28.21%
加入・更新手続き
23.17%
商品内容の充実度
16.52%
ロードサービス
13.3%
事故対応
8.31%
受取額・支払いスピード
5.81%
調査・認定結果
4.68%

重視項目とはユーザーが、商品やサービスを利用・選定する際に重要視した項目を調査したデータです。数字の大きい項目ほど、重要視している結果となります。

調査データのご提供 顧客満足度ランキング作成時に調査した、集計データ・調査レポートごご提供いたします。

オリコン顧客満足度ランキングは、
実際の利用者が評価した調査に
基づいています。

調査方法を詳しく見る

2015年度オリコン顧客満足度ランキング
モニター会員に登録してオリコンランキングに参加しよう!

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

オリコン顧客満足度調査とは

サンプル数
16,378

この自動車保険ランキングは、
オリコンの以下の調査に基づいています。

ジャンル・ランキング定義
調査詳細について

ランキングの対象について

第1階層:保険・金融業
第2階層:損害保険業
第3階層:損害保険
ランキング階層:自動車保険

※総務省告示として制定された『日本標準産業分類』を基礎にOCSが独自に細分化した業界階層です。

調査概要

事前調査
2018/06/27〜2018/09/27
更新日
2019/01/04
サンプル数
16,378人(調査時サンプル数17,687人)
規定人数
100人以上
調査企業数
19社
定義
自動車の利用において発生する損害を補償する損害保険のこと。広義での自動車保険は「強制保険(自賠責保険)」「任意保険」の2種類あるが、
「強制保険(自賠責保険)」は加入が義務付けられておりユーザーが選べる保険商品もないため、本ランキングでは「任意保険」を自動車保険と定義する。
調査期間
2018/09/28〜2018/10/04
2017/08/15〜2017/08/22
2016/08/18〜2016/09/01
調査対象者
性別:指定なし 年齢:18歳以上 地域:全国 条件:過去4年以内に自分が運転していて自動車保険を適用したことがあり、かつ、自動車保険へ加入する際に選定に関与した人

※オリコン顧客満足度ランキングは、データクリーニング(回収したデータから不正回答や異常値を排除)
 および調査対象者条件から外れたサンプルを除外した上で作成しています。
※N≧100を基準として企業を抽出し、その中で最も回答者数の少ない企業の回答者数の90%以上をランクイン対象及び規定人数とします。
※ランキングTOPにランクインしている企業が、部門別ランキングにおいて規定人数未達によりランクインしない場合がございます。
※部門別ランキングは、規定人数未達によりランキングを発表しない場合がございます。
≫ 詳細はこちら

設問内容 アンケート調査を実施した際の質問事項です。満足度評価項目のほか、該当サービスの利用状況や検討内容を質問しています。

調査企業

過去ランキング

推奨意向

継続意向

更新率