どう違う? 自動車保険の「人身傷害補償保険」と「搭乗者傷害保険」

自動車保険「人身傷害補償保険」と「搭乗者傷害保険」の違いとは? [拡大する]

自動車保険「人身傷害補償保険」と「搭乗者傷害保険」の違いとは?

 自動車保険に加入する際、頭を悩ますのが人身傷害補償保険と搭乗者傷害保険だ。いずれも補償内容は似ているが一体どう違うのか。死亡時を例にして違いを解説しよう。

■契約車両に乗っていた人が死亡した時の保険金

 人身傷害補償保険と、搭乗者傷害保険の死亡時補償についてシンプルに言うと、両者は支払われる保険金の仕組みが異なる。

・人身傷害補償保険の場合
 保険金は3000万円前後から無制限まで契約可能とする保険会社が多く、死亡時にはあらかじめ決めていた保険金の範囲内から、実損分を支払う。示談交渉などを待たず、損害が認定したら支払いを受けることができるのが特徴。

死亡時の支払例:損害2000万円の場合
人身傷害補償保険 3000万円で契約
→2000万円が支払われる。

・搭乗者傷害保険の場合
 部位・症状別の傷害保険がメインの契約となる。死亡保険を契約している場合のみ、死亡保険金として、あらかじめ決めていた保険金が支払われる。死亡保険金は1000万円が基本だが、500万円〜3000万円程度まで幅がある。

死亡時の支払例:保険金2000万円の場合
搭乗者傷害保険 死亡保険金1000万円で契約
→1000万円が支払われる。

 要約すると、人身傷害補償保険は契約保険金を上限とした損害分が支払われる。搭乗者傷害保険は損害額に関係なく、契約保険金が支払われる。

■どちらの保険を選ぶべきか

 現行では次のような加入の仕方を可能とする保険会社が多い。

パターンA
人身傷害補償+搭乗者傷害

パターンB
人身傷害補償のみ

パターンC
搭乗者傷害のみ

 コスト面ではC<B<Aとなる。パターンAは保険料が最も高くなるが、死亡時だけでなく様々な状況において人身傷害保険と搭乗者傷害保険の両方から保険金を受け取れるというメリットがある。例えばケガをした場合、人身傷害補償保険からは実損分の保険金を、搭乗者傷害保険からは定額の保険金が受け取れる。

 いずれを選ぶかは契約者次第だが、万全の補償を得るのであれば、やはり両方に加入しておくのが間違いないだろう。

(文/西村有樹)
フリーライター。保険や資産運用などマネー系に強く、「All About」で自動車保険ガイド記事のほか、銀行や保険会社、証券会社などの刊行物、国交省、財務省等官公庁の媒体など幅広く執筆。ほかにも雑誌「プレジデント」「ベストカー」などでも多数の記事を担当する。

>>備えあれば憂いなし! 自動車保険満足度ランキング

>>自動車保険の“走行距離割引”、年間走行距離数どのように決まる?

自動車保険を比較する

個別or一括見積もり 違いを比較

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。