初めての自動車保険 ベストな選び方は?


【自動車保険ランキング】自動車保険、保険料で選ぶなら?

初めて自動車保険に入るならどんな特約を付ける?(写真はイメージ) [拡大する]

初めて自動車保険に入るならどんな特約を付ける?(写真はイメージ)

 初めて自分の車を手にしたときは、嬉しさと同時にドライバーとしての責任を感じるようになるはず。加入する自動車保険も車を選ぶときと同じようにしっかり吟味したいところだ。自動車保険には、強制加入の自賠責保険のほかに、任意で加入する自動車保険(以下、自動車保険)がある。自動車保険は、基本的な補償のほかに複数の特約があるが、どの特約に加入すればいいのだろうか。

■基本的な自動車保険の組み合わせは?

 自動車保険は、相手や物を補償する対人・対物賠償保険の基本補償をベースにして、自分や搭乗者への補償として「人身傷害保険」、「搭乗者傷害保険」、「自損事故保険」、「無保険車傷害保険」などの付帯補償を追加する形となる。

 ほかに、自分の車のための補償として「車両保険」などがある。自損事故をはじめ偶然な事故による損害が補償される。さらに、運転者の状況やニーズによっては、「弁護士費用等補償特約」や「個人賠償責任補償特約」、「原付特約」などへの加入を検討してもよいだろう。

 では、初めて自動車保険を選ぶ人や初心者ドライバーにとって安心な特約とはどんなものだろうか。賠償問題時の解決サポートと車の修理について説明しよう。

■損害賠償問題をサポートする保険

 もし、対人・対物事故を起こしてしまい被害者から多額の損害賠償を請求されたら……と思うと心配になるだろう。事故の示談交渉を自分で行い、解決しようとすると時間がかかるのはもちろん、心労や労力は計り知れない。しかし、自動車保険には加害者に代わり、保険会社が示談交渉を行ってくれる「示談代行サービス」が付帯されていることがほとんどなので安心だろう。

 一方、被害者になった場合、自分の賠償保険に付帯されている示談代行サービスは使えない。場合によっては弁護士への依頼が必要になることもあるだろう。そのようなときに、法律相談費用や弁護士報酬、訴訟費用等の保険金を補償するのが「弁護士費用等補償特約」だ。この特約を付帯していれば弁護士を通して示談交渉を進められる。初心者にとっても安心な補償だ。

■自分の車を修理するときの保険

 車を傷つけてしまったり、単独で電柱などにぶつけてしまったりなど、運転技術面での不安は初心者ドライバーにはよくあることだ。いざというときに修理費用を出すのが厳しくなりそうな人は、車両保険を最低限の金額でもいいので付帯しておこう。特に車をローンで購入している場合、修理費用にもローンを組むと返済負担がさらに重くなる。免許を取ってから間もない人や、しばらく運転をしていない人は検討してみよう。ちなみに車両保険はほかの特約と比較すると保険料は高めになる。

 特約は付帯すれば安心だがその分保険料は加算されていくため、しっかり検討する必要がある。車の使用目的や年間の走行距離などを考え、どのような補償があれば適切なのか考えよう。

■保険会社はどう選ぶ?

 そもそも、自動車保険の保険会社はどう選べばいいのだろうか。実際はディーラーなどを通じて加入するケースが多いだろうが、テレビCMなどでよくみかける「ダイレクト型」とはどんな保険なのだろうか。自動車保険には、代理店で契約する代理店型と、インターネットを介して加入するダイレクト型に分けられる。ダイレクト型は、保険契約者が保険会社のサイト内で補償内容を選択して加入する仕組みだ。基本的にはインターネットでの申し込みとなるが、電話でオペレーターに相談することも可能だ。ダイレクト型の場合、保険証券を発行しないことや、人件費や手数料などのコストがかからないため、代理店型と比べると保険料が割安になることも多い。インターネット上ですぐに見積もりが取れるため、保険料がいくらになるのかを確認してみるのもいいだろう。

 ハンドルを握る以上は初心者といえども甘えは許されない。もしもの事故に備えて、自分に合った自動車保険をぜひ見つけてほしい。

【文・監修:SAKU株式会社】
しあわせな人生をデザインする会社、人生とお金をコンセプトとする編集制作プロダクション。これまでの金融・経済やマネーのイメージをくつがえす「発想力」を展開中。

>>「加入・更新手続き」で満足度が高い<自動車保険>は…

>>“高いから必要ない“のか? 自動車の「車両保険」賢い入り方

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。