対人賠償保険と自賠責保険の違い

 自動車事故で相手にケガまたは死亡させてしまった場合、法律上の損害賠償責任を負うことになります。その賠償額は、数千万円から数億円に及ぶことも。そんな場合に、自賠責保険の補償額を超過した分について支払われるのが対人賠償保険です。

対人賠償保険で補償されるのは?

 対人賠償保険に加入していればどんな人でも補償されるかといえば、そうではありません。対人賠償保険で補償されるのは「他人」に限られます。この「他人」とは、下記に当てはまらない人を指します。
 上記に当てはまる人にケガ、または死亡させてしまった場合は、保険金は支払われません。例えば、自分の妻、友人、遠くに住んでいる親戚が乗った車を運転して人身事故を起こしてしまい、同乗者もケガをしてしまったとします。この場合、相手の人・友人・遠くに住んでいる親戚については対人賠償保険で補償されますが、自分および妻のケガについては補償を受けることができません。

 また、自分の子供については、その子供が独立しているかどうかで判断が変わってきます。いずれにしても、運転者と車の所有者以外の人はすべて「他人」として補償する自賠責保険と違いますので注意が必要です。

対人賠償保険と自賠責保険の違い

 対人賠償保険と自賠責保険は、補償額の面で大きな差があります。自賠責保険は、傷害による損害の場合120万円まで、後遺症による損害の場合4000万円まで、死亡の場合3000万円まで、と、あらかじめ上限が定められていました。それに対し対人賠償保険は、契約の際に決めた保険金額が限度額となります。

 被害者1名につき「5000万円」「1億円」などの限度額もありますが、一般的なのは「無制限」。つまり、人のケガや生命に対する賠償は数億円になる可能性もあるため、限度を設けずに補償しましょうということです。

 最低限の補償である自賠責保険を超えた部分をカバーするというのが対人賠償保険の意義。このことから、対人賠償保険は必ず加入すべき重要な保険だといえるでしょう。

対人賠償保険で支払われる金額は「過失割合」で大きく変わる

  • 【イラスト】過失割合

 交通事故というものは、“停車中の自動車に後ろから追突”といったようにどちらか一方だけが悪いものもあれば、“出会い頭での衝突”のように双方に不注意があったといえるものもあります。この、交通事故の際の双方の責任の割合のことを「過失割合」といいます。

 動いている自動車同士の事故の場合は、どちらか一方が100%悪いというケースは少ないでしょう。自動車は、事故を避けるための様々な注意を払って運転しなければならないため、双方になんらかの責任が認められる場合が多いのです。

 また、歩行者と自動車の事故では、歩行者のほうが圧倒的に弱者であるため、より重い責任を負うべきは自動車のほうであり、一般的に車の過失割合が大きくなります。ただしこれも、歩行者が信号無視をして道路を横断したのが原因の場合など、歩行者に相応の過失が認められるケースもあります。

 対人賠償保険で支払われる賠償金額は、この過失割合によって変わってきます。すなわち、相手側の過失割合を差し引いた、自分の過失割合分だけが相手に支払われるのです。これを「過失相殺」といいます。つまり、相手に対する「賠償責任」なのだから、相手の過失分に関しては支払う必要がないということです。

 例えば、相手が大ケガをしてしまい、治療費に1000万円かかったケースで考えてみましょう。もしこの事故が、自分が100%悪く、過失割合が「100対0」だとすると、当然相手の治療費1000万円は全額自分が賠償しなくてはなりません。しかしこれが双方に非があり、過失割合が「50対50」と判定された場合は、1000万円のうち賠償責任が生じるのは500万円まで。つまり、自分が相手に支払わなくてはならないのは500万円です。このうち、120万円は自賠責保険で支払われますので、対人賠償保険で支払われるのは380万円となります。

自動車保険を比較する

個別or一括見積もり 違いを比較

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。