自動車保険の「人身傷害補償保険」と「搭乗者傷害保険」はどう違う?

自動車保険の「人身傷害補償保険」と「搭乗者傷害保険」はどう違う?

 自動車保険に加入する際、補償内容が似ているので悩む人の多い人身傷害補償保険と搭乗者傷害保険。一体どう違うのだろうか。

搭乗者傷害保険の場合…保険金は定額払い

 車に乗るすべての人の怪我や死亡を対象に保険金が支払われるのが、搭乗者傷害保険。100%自分側に過失がある事故も補償の対象となる点が特長だ。また、保険金は定額払い。契約の際、部位や症状ごとに補償金額を定め、怪我をすると該当額が支払われる“部位・症状別払い”と、入院や通院の日数に対してあらかじめ設定した補償金額が支払われる“日数払い”の2種類がある。

 比較的簡単に保険金の支払いが行われるが、すべてのケースで払われるわけではない。搭乗者傷害保険の補償範囲は、「正規の乗車用構造装置のある場所に搭乗中の者」。飲酒運転や無免許運転、暴走行為、車から身を乗り出すといった違法な乗り方をしていた場合などは、保険金は支払われない。

人身傷害補償保険の場合…保険金は実損払い

 人身傷害補償保険は、搭乗者の怪我や死亡などに対して、保険金額の範囲内で損害額を補償するもの。搭乗者傷害保険が定額払いであるのに対し、人身傷害補償保険は実際にかかった費用が補償される実損払いとなる。

 過失割合に関係なく補償される“完全補償型”の保険という点も大きな特徴だ。通常、事故の過失が自分50%:相手50%のケースで怪我をした場合、相手から支払われる治療費は50%分のみで、残りは自己負担となる。この自己負担分まで補償して、契約者の負担を軽減させる自動車保険が、人身傷害補償保険である。

両方の保険に加入するメリットとは?

 搭乗者傷害保険と人身傷害補償保険は基本的な補償の類であるため、両方に加入しているという人も多いだろう。実はその場合、ひとつの事故の怪我で、双方の保険金を受け取ることができる。現行では次のような加入の仕方を可能とする保険会社が多い。

パターンA
人身傷害補償+搭乗者傷害

パターンB
人身傷害補償のみ

パターンC
搭乗者傷害のみ

 コスト面ではC<B<Aとなる。パターンAは保険料が最も高くなるが、死亡時だけでなく様々な状況において人身傷害保険と搭乗者傷害保険の両方から保険金を受け取れるというメリットがある。例えばケガをした場合、人身傷害補償保険からは実損分の保険金を、搭乗者傷害保険からは定額の保険金が受け取れる。

 コストと補償のバランスを考え、どちらか一方だけに加入するというのも選択肢のひとつといえるだろう。いずれを選ぶかは契約者次第だが、万全の補償を得るのであれば、やはり両方に加入しておくのが間違いないだろう。

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

当サイトで公開されている情報(文字、写真、イラスト、画像データ等)及びこれらの配置・編集および構造などについての著作権は株式会社oricon MEに帰属しております。これらの情報を権利者の許可なく無断転載・複製などの二次利用を行うことは固く禁じております。