通販型自動車保険は安いのはいいけど、いざというとき頼りになる?

  • 【画像】通販型

 テレビのCMなどでよく目にする通販型(ダイレクト型)自動車保険は、保険料の安さなどから興味を持たれている人も多いのではないでしょうか。しかし、「肝心の補償内容は大丈夫なのだろうか?」「万が一の事故の対応は大丈夫なのか?」という不安を感じ、加入に踏み切れないという人もいるでしょう。

 そこで、「通販型は代理店型と比べて何が違うのか?」「メリットやデメリットはどんなところがあるのか」などをご紹介します。

通販型自動車保険と代理店型自動車保険の違い

 自動車保険は大きく通販型代理店型に分けることができます。保険商品を提供しているのは、いずれも大手損害保険会社ですから、会社の信用度や安全性などに大きな違いはありません。そもそも、信用度や安全性が低い会社は保険販売ができないように、保険業法に基づいて金融庁の監督下で厳重に取り締まられています。

 では、通販型と代理店型の違いはどこにあるのでしょうか?最大の違いは「代理店を置くか置かないか」の違いです。

【通販型】
 代理店を置かない直販で、インターネットや電話(コールセンター)で契約者などの問い合わせを受けます。契約者とダイレクトに接触することから「ダイレクト型」と呼ばれることもあります。代理店を置かないことから、店舗費用、人件費などのコストを大幅に削減できますし、代理店契約した会社への募集手数料も発生しません。その分、保険の内容が独自に工夫されていたり、保険料を割安に設定できたりというメリットがあるのです。

【代理店型】
 各地域に代理店を置いたり、カーディーラーなど兼業の会社と代理店契約をしたりして拠点を設けています。基本的には対面販売になりますので、契約者に対して担当者がついて、保険商品の説明やアドバイス、手続きのサポートなどを行います。

保険料や契約方法の違い

 通販型と代理店型の保険料を比べてみると、通販型のほうが代理店型よりもかなり安く設定されています。しかし、通販型の場合は代理店型よりも自動車保険のリスクを細分化しており、きめ細かな契約条件を検討できます。そのため、契約の内容によって保険料に大きく違いが表れやすい傾向にあります。次に、通販型と代理店型の契約方法の違いについてご説明します。

 通販型の契約の流れは、以下のように非常にシンプルです。

・ネットまたは電話で見積もり依頼
・見積もり結果の確認
・結果を基に調整(保険をカスタマイズ)
・申込み


 保険会社にもよりますが、契約書類の郵送・捺印・返送といった手間を省き、すべてWeb上で契約が完結できる自動車保険もあります。すべて自分で行う必要がありますが、申込みの翌日から補償開始ということも不可能ではありません。急いで保険契約を結びたい人にはありがたい方法でしょう。

 一方、代理店型は担当者が契約者の自宅や職場などを訪れてくれます。面倒なことは代理店の担当者がしてくれますから、指示に従って手続きをすれば、安心して契約をすることができます。

通販型はプランを自分で考える

 自動車保険の内容やプランは、どう決めればいいのでしょうか。通販型の自動車保険は、以下のような保険の中から、必要な保険を自分で選んで組み合わせる必要があります。

・対人賠償保険
・対物賠償保険
・人身傷害補償保険
・搭乗者傷害保険
・車両保険
・そのほか補償や特約など


 さらに、これらの保険の中には、補償上限額や免責金額を設定するものがあり、設定によって補償内容や保険料が変わってきます。また、特約を付加するかしないかによっても補償内容・補償範囲や保険料が大きく変わります。いくらインターネット経由で変更結果をすぐに確認できるとはいえ、「どの保険を、どの補償額までカバーすればいいのか」などは、素人ではわからない部分もあります。

 安易に保険を選んでしまうと、あとになって「この場合は補償されないのか」「補償額はたったのこれだけか」など、自分の思い込みと契約内容とのギャップが生じ、補償内容が足りないケースも出てくるかもしれません。これは、通販型自動車保険のデメリットともいえるでしょう。

 その点、代理店型は担当者と対面式で納得いくまで相談することができます。信頼できる担当者に出会えれば、非常に頼りになる存在となるでしょう。一方で、気が合わない人が担当になったりするリスクもあり、契約後にトラブルの原因となることもあるようです。

事故対応は本当に大丈夫?

 通販型と代理店型の事故対応の差はどうでしょうか。保険会社によって多少の差はありますが、基本的には認可を得た大手損害保険会社が運営していますので、事故対応に大きな差はないと考えていいでしょう。ただ、契約者からすると保険料の安さもあり、事故対応に差があるのではという不安もあるかもしれません。自動車保険各社もその点を認識しているのか、CMなどでも事故対応サポートのすばらしさをアピールしています。もちろん、アピールするだけでなく、事故受付・面談担当・指定修理工場担当など、事故対応の各段階に専任担当者を配備し、日本全国24時間365日迅速にサポートできる体制を整えています。さらに、病院や弁護士などとの連携にも力を入れています。

 ロードサービスも同様で、事故車のレッカー牽引や搭乗者の自宅搬送、修理後の車の引き取りサービスはもちろん、パンク、バッテリー上がり、カギの閉じこめなど、JAFも顔負けのサービス水準となっています。もちろん、事故対応やロードサービスのメニューや流れは保険会社によって違いがありますが、全体的な水準としては十分満足のいく対応ではないでしょうか。

 また、契約者と直接やりとりをする通販型だからこそ、多くの契約者の意見を聞きやすいという特徴もあります。保険会社間で激しい競争をしていますから、利用者のニーズを汲み取りながら、代理店型に負けないよう、サービスを充実させてきています。
 上記のように、通販型自動車保険は自分で補償内容などを決めなければいけないという特徴はありますが、補償や事故対応の面では、代理店型に比べて見劣りする点はないといえるでしょう。

自動車保険を比較する

個別or一括見積もり 違いを比較

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。