人身傷害補償保険の必要性

 自動車保険には「完全補償タイプ」というものがあります。「完全補償」とは、過失割合にかかわらず、ケガや死亡時に保険金を支払うという意味。それを実現させる保険が「人身傷害補償保険」です。

人身傷害補償保険では自分の過失割合分も補償

 人身傷害補償保険とは、契約している自動車が事故に遭い、搭乗者がケガや後遺障害を負ったり死亡した場合、保険金額を限度に実際の損害額が過失割合に関係なく補償される保険です。

 この「過失割合に関係なく」とはどういうことでしょうか。例えば、自動車同士の事故で自分が重傷を負ってしまい、その治療費などの損害額が1000万円だったとします。もし過失割合が50対50なら、相手の対人賠償保険から支払われるのは500万円となり、自分の過失分が相殺されてしまいます。

 また、相手の過失の割合が大きく、自分が30%、相手が70%だった場合も、相手から700万円が支払われ、残りの300万円は自己負担となります。しかし、人身傷害補償保険に加入しているとこの自己負担分が補償されるため、全額が保険から支払われることになります。これが人身傷害補償保険の最も大きな意義です。

 そのほか、相手が保険に入っておらず十分な補償が受けられないときなども、人身傷害補償保険から不足分が補償されます。保険金の支払いについては、人身傷害補償保険の場合は示談の成立前でも受け取り可能。記名被保険者や同居の親族、別居の未婚の子などが、契約自動車以外の車(バスやタクシーを含む)に搭乗中、または歩行中の自動車事故においても、人身傷害補償保険で保険金が支払われます。

 このような補償範囲の広さから、人身傷害補償保険が組み込まれた保険が「完全補償タイプ」と呼ばれています。

人身傷害補償保険のメリット

 人身傷害補償保険と同じように、契約自動車が事故に遭い搭乗者がケガをした場合に支払われる保険に「搭乗者傷害保険」があります。搭乗者傷害保険とは車に乗っているすべての人のケガや死亡に対して、定額の保険金が支払われるもの。保険金額の範囲内で「実損払い」である人身傷害補償保険とは異なるので注意しましょう。また、補償の範囲も若干異なります。ここでは、人身傷害補償保険と搭乗者傷害保険の相違点をまとめてみましょう。

保険

人身傷害補償保険

搭乗者傷害保険

保険金支払い

実損払い

定額払い

補償範囲

契約車の搭乗者全員を補償

契約車の搭乗者全員を補償

他の車に乗っていて
事故に遭った場合

記名被保険者および家族について補償

補償なし

歩行中に遭遇した
交通事故

記名被保険者および家族について補償

補償なし

 搭乗者傷害保険も自分の過失割合に関係なく支払われる点では人身傷害補償保険と同じですが、人身傷害補償保険のほうが補償の範囲が広いことがわかります。また、支払われる金額についても、搭乗者傷害保険は定額払いのため、実際の損害額が高額になってしまった場合などではまかないきれない可能性も。人身傷害補償保険の場合は、実損分をすべてカバーするので、死亡の場合は保険金に大きな差が出ることが考えられます。つまり、補償の厚さが人身傷害補償保険の最大のメリットといえるでしょう。

人身傷害補償保険のデメリット

  • 【イラスト】人身傷害保険

 人身傷害補償保険にもデメリットはあります。それは、保険料が割高になってしまうこと。補償を厚くすると、その分、保険料が高くなるのは致し方ないことですが、コストと補償のバランスを考えて選ぶことが重要になってきます。

 なお、人身傷害補償保険に加入した上で保険料を押さえる方法もあります。人身傷害補償保険に入っていれば搭乗者傷害保険を外せる自動車保険会社も増えてきました。また、人身傷害補償保険だけを見ても、保険金額(上限額)を抑えることで保険料も下げられるでしょう。さらに、これも自動車保険会社によりますが、他の車に乗っているときの事故や歩行中の事故に対する補償を省くことで保険料を安くすることも可能です。

 ただ、事故というのはそれだけで大変なもの。示談交渉や治療費の心配など考えることはたくさんあります。しかし、人身傷害補償保険の場合は示談の成立前でも保険金を受け取れるというメリットがあるので、もし余裕があるのなら入っておくと安心です。

自動車保険を比較する

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ 自動車保険の一括見積もりはこちら

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。