ご存じですか? 自動車保険の「3つの名義」

  • 【画像】通販型

 車や保険の話題でよく使われる「名義」という言葉には、複数の意味があります。通常は、「所有者」や「契約者」という意味合いで使われることが多いのですが、厳密な意味を気にして使っている人は少ないのではないでしょうか。ですが、自動車保険の分野では3種類の名義があり、それぞれに明確な違いがあります。その違いをきちんと知っておかないと、万一のときに保険が使えないということにもなりかねません。ここでは、普段何気なく口にしている自動車保険の名義について、確認しておきましょう。

3つの名義、それぞれの意味は?

 自動車保険でいう名義には、「契約者」「記名被保険者」「車両所有者」の3つがあります。まず、それぞれの意味についておさらいしておきましょう。

・契約者
 保険会社と保険契約を結んだ人、または法人を指します。契約者が保険料を支払うことになるため、保険証は契約者宛てに発行されます。

・記名被保険者
 契約した車両を主に使う人1名を設定します。例えば、夫婦で同じ程度に車を使う場合には、どちらか一方を設定すればOKです。いわば、保険契約の中心人物ですので、この記名被保険者の年齢や免許の色などが保険料に影響します。

・車両所有者
 車検証に記載された、車の所有者です。一般には契約者あるいは記名被保険者本人、あるいは親族か関係法人が所有しているので、その氏名・名称が記載されています。ローンで車を購入した場合は、所有者がディーラーやローン会社になりますので、その場合は「所有権留保」という扱いで、車検証上の使用者を特別に登録しています。

 個人がローンで購入しない場合、3つの名義が全て本人という場合も多いので、普段、3つの名義の違いについて意識することは、ほとんどないかもしれません。ですが、自動車保険はそれぞれの名義が誰の名前になっているかが、大きな意味を持つのです。これらの名義の設定によっては、受けられると思っていた補償が受けられないというケースも起こりますから、くれぐれも注意が必要です。

諸条件や保険料の設定は「記名被保険者」によって変わる

 3つの名義のうち、最も重要なのが「記名被保険者」です。等級はもちろんですが、年齢や免許証の色による保険料の割増・割引は、全てこの記名被保険者の状況によって決められます。ですから、1台の車を夫婦で共用する場合には、どちらを記名被保険者にしたらよいかを考える必要があるでしょう。例えば、夫がブルー免許で妻がゴールド免許のとき、妻が記名被保険者になれば、保険会社によっては、保険料のゴールド免許割引が受けられます。また、それぞれの年齢によっても、どちらが記名被保険者になるかで保険料が変わることがあります。

 ですが、この割引設定は、「その車を主として運転する人」の事故のリスクが低いゆえの優遇措置です。たとえ夫婦とはいえ、「主な運転者」ではない妻を記名被保険者にすることは、本来の趣旨から外れることになります。そのため、こうした名義設定は基本的にできませんし、虚偽の申告と受け取られるかもしれません。しかし、車の使用状況はさまざまですし、はっきりと決められないこともあるでしょう。契約の際、保険会社に相談してみることをお勧めします。

記名被保険者の変更で等級を引き継ぐことができる

 長く無事故を続けていると、自動車保険の等級は上がっていきます。その高くなった等級を、記名被保険者を変更することによって引き継ぐことができます。ただし、その条件は次のとおりです。

<等級を引き継ぐための条件>
・配偶者間での変更(内縁も可)
・親子、兄弟など、同居の親族間での変更
・起業による個人から法人への変更
・廃業などによる法人から個人への変更


 つまり、家族間であれば、等級をキープしたまま自動車保険の名義変更ができるということになります。ただし、親子・兄弟の場合は同居していなくてはならず、「一人暮らしの息子に等級を引き継がせたい」というケースには適応できません。一方、配偶者の場合は別居していてもOKですので、遠方に単身赴任になり、車をあまり使用しなくなる場合などに活用できるでしょう。

記名被保険者の変更手続きはどうすればいい?

 実際の変更手続きの流れを見てみましょう。例えば、等級の高い親の自動車保険を、子どもに引き継ぐ場合です。このとき、自動車保険を付けたまま車を子どもに譲り渡すのであれば、車の所有者と記名被保険契約者をそれぞれ変更すれば完了です。面倒なのは「子どもが車を持っていて(あるいは新たに購入して)、そこに親の自動車保険を記名被保険者を子どもに変更して付け替える」というケースです。この場合は、次のような手順を踏みます。

1. 親の保険を車両入替し、契約車両を子どもの車にする
2.記名被保険者を親から子どもに変更する
3. 無保険となった親の車には、新規契約で保険をつける


 若い子どもが車を買ったとき、等級が上がっている親の保険を引き継がせてあげれば、出費を抑えることができます。子どもにとっては、ありがたいプレゼントになるのではないでしょうか。

自動車保険を比較する

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ 自動車保険の一括見積もりはこちら

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。