自動車保険の搭乗者傷害保険はなぜ必要なのか

  • 【画像】搭乗者傷害

 自動車保険では、事故の相手に対しては「対人賠償責任保険」「対物賠償責任保険」で補償されます。一方、自分や同乗者がケガや死亡した場合に補償されるのが「人身傷害保険」「搭乗者傷害保険」です。名称が少しまぎらわしいかもしれませんが、どちらの保険も自分も同乗者も同じように補償の対象となります。では、なぜ人身傷害保険と搭乗者傷害保険の二つの保険があるのでしょう。

 搭乗者傷害保険の概要から、搭乗者傷害保険と人身傷害保険との違い、搭乗者傷害保険の必要性などについて、わかりやすく解説していきます。搭乗者傷害保険は、自動車保険の基本となる補償をフォローする役割があります。よく内容を理解し選択することが重要です。

搭乗者傷害保険の基本を確認

 搭乗者傷害保険とは、契約中の車に乗っていた人が死傷した場合に、死亡保険金・後遺障害保険金や、入院・通院の費用として、あらかじめ決められた額の保険金が、運転者や同乗者など搭乗中の人それぞれに対して支払われる補償です。

 例えば、死亡した場合は1000万円、胸部の骨折で5日以上治療した場合に15万円など「部位症状別」の「定額払い」が一般的です。以前は、入院日額:1万円、通院日額:5000円などの金額設定をもとに、治療にかかった日数分を計算する「日数払い」が存在しました。しかし、現在では定額払いがほとんどで、4日以内の治療であれば1回の事故につき1万円、など一律に保険金が支払われる仕組みになっています。

 また最近は、部位症状別でもなく、1回の事故につき10万円などの「定額医療保険金」の形を取っている保険や、死亡補償をなくした「傷害一時金」の形を取っている保険もあります。全体的に搭乗者傷害保険は縮小傾向で「搭乗者傷害特約」として人身傷害保険に付帯する形になるなど、搭乗者傷害保険そのものが廃止となっている自動車保険も増えています。

 では、搭乗者傷害保険と、もうひとつの自分や同乗者の補償である人身傷害保険とは、どのように違うのでしょうか。大きな違いは、保険金の支払われ方にあります。人身傷害保険は、定額の搭乗者傷害保険とは違い、実際の損害に対して払われる「実損払い」です。契約金額を限度に実際の損害額が補償され、その損害には、治療費や通院交通費、休業損害や逸失利益、精神的損害なども含まれます。また、人身傷害保険は通常、契約している車に乗っている時だけではなく、他人の車に乗っていた際の事故や、歩行中の事故も補償されます。つまり、損害の対象の範囲が搭乗者傷害保険よりも広いというわけです。そのような理由からも、現在は、事故の程度や内容に関わらず実損が補填されるという人身傷害保険が、搭乗者傷害保険の代わりに自動車保険の基本補償のひとつとなっています。

 ただし、人身傷害保険の保険金を受け取ることができるのは、損害額の認定後です。その点、搭乗者傷害保険はあらかじめ決まった額のため、事故後すぐに保険金を受け取ることができます。そのため搭乗者傷害保険は、人身傷害保険の補償内容に付け加えて、フォローする保険という位置づけが最近では主流になってきています。

保険料でチェック! 自動車保険顧客満足度ランキング>>

搭乗者傷害保険をプラスしたら、保険料はどのくらいになるのか

 実際に自動車保険に加入する場合、搭乗者傷害保険の保険料はどのくらいになるのでしょうか。簡単に見積もりができる通販型自動車保険3社で、ほぼ同じ条件で計算することにします。

◇ゴールド免許 日常・レジャー使用 神奈川県在住の30代夫婦が運転(本人配偶者限定) 20等級 事故なし 事故係数0 ステップワゴン(型式:RK1) 初年度登録:2012年1月 年間走行距離5000km以下 保険始期:2017年5月1日

◇対人対物:無制限 人身傷害保険;3,000万円 搭乗者傷害保険:死亡保険金1000万円、医療保険金あり

この条件で、搭乗者傷害保険がある場合とない場合の年間保険料を比べてみたところ、
A社:搭乗者傷害保険あり1万6310円/なし1万5980円
B社:搭乗者傷害保険あり1万5650円/なし1万5080円
C社:搭乗者傷害保険あり1万6260円/なし1万5190円
それぞれ差額がA社:330円/B社:570円/C社:1070円という結果になりました。

 もちろん、搭乗者傷害保険の補償内容は各社違いがありますし、等級や事故の有無、免許の色など条件によっても金額は変わりますので一概にはいえません。しかし、リスクの低いドライバーであれば、それほど割高な保険料とはいえないことがわかります。

搭乗者傷害保険は本当に必要?人身傷害保険だけでいいのでは?

 では、本当に搭乗者傷害保険は必要なのでしょうか。搭乗者傷害保険が補償内容にあり、付帯できる保険であれば、付帯した方がお得といえるでしょう。なぜなら、先の例のように保険料は条件によっては少額で済みます。しかし、搭乗者傷害保険と人身傷害保険は相互に関わりなく支払われるので、契約者にとっては、人身傷害保険に搭乗者傷害保険を合わせて加入することこそ、少ない保険料でより安心できる、お得な保険だと言えるのではないでしょうか。選択肢のひとつとして検討する価値は大いにありそうです。

 また、事故の際に早く保険金を受け取れるというのは、すぐに必要な当座の費用に充てることができるので、とても役立ちます。他に傷害保険などに加入していないという人は、とくに自動車保険の搭乗者傷害保険は見逃せない保険だといえます。

 ここで、搭乗者傷害保険のメリット・デメリットを整理しておきます。
【搭乗者傷害保険のメリット】
・定額払いのため、治療中でも保険金をスピーディーに受け取ることが可能。
・過失割合に関係なく、また加害者からの損害賠償金や自賠責保険、各種傷害保険などとも関係なく支払われる。
・人身傷害保険の保険金とは関わりなく保険金が支払われる。
・搭乗者傷害保険および搭乗者傷害特約のみの請求ではノーカウント事故となり、事故の件数に数えないため、翌年度の自動車保険の等級には関わらない。

【搭乗者傷害保険のデメリット】
・条件によっては保険料が高くなり、他に傷害保険などに契約している場合はムダになることがある。

 このように搭乗者傷害保険は、人身傷害保険と合わせて付帯していることで真価を発揮できる、何かと心強い保険です。人身傷害保険に加入していないと金額が不足する可能性がありますので、人身傷害保険に加入したうえで、搭乗者傷害保険を上乗せ補償としてプラスすることを検討してはいかがでしょうか。

 搭乗者傷害保険は、基本補償のひとつとなっている保険もあれば、特約の場合もあり、内容がややわかりにくい保険です。人身傷害保険との違いをしっかり確認して、その必要性をきちんと認識しましょう。実際に事故が起きた際に、保険金が早く支払われるというだけで安心感が全く違い、治療に専念できます。人身傷害保険でベースをしっかりと固めたうえで、さらに上乗せの補償として搭乗者傷害保険をプラスすれば、より満足度の高い自動車保険となるでしょう。搭乗者傷害保険の存在する自動車保険を探して、各パターン内容を比較検討してみるだけでも、価値ある自動車保険選びにつながる選択方法のひとつとなるでしょう。

自動車保険を比較する

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ 自動車保険の一括見積もりはこちら

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。