【用語】 型式別車両料率クラス

 自動車保険の保険料は、車の事故リスクを細分化したうえで算出されるが、その基準のひとつに「型式別車両料率クラス」がある。自動車の型式ごとに事故リスクを9段階に数値化し、型式によって差がある損害率を、対人賠償責任保険・対物賠償責任保険・傷害保険・車両保険それぞれの保険料に反映させようという仕組みだ。

 型式別車両料率クラスは、保険事故の実績に基づいて決定される。つまり、事故が多い車や、事故の際の損害が大きい車の型式では料率クラスが上がり、自動車保険料が高くなる。逆に料率クラスが下がれば、保険料は安くなる。これらは実際の事故の情報を自動車保険会社から集めて決定されるため、その自動車が流通している台数の多さが重要になる。従って型式別料率クラス制度が採用されるのは、自動車の中で多くを占める「自家用普通自動車」と「自家用小型自動車」となっている。

 なお、型式別車両料率クラスは、直近1年間の事故の発生状況を反映しており、1年毎に変動する。

自動車保険を比較する

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ 自動車保険の一括見積もりはこちら

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。