配当性向

 配当性向とは、企業が当期純利益(税引後の利益)のうち、どれだけ金額を配当金の支払いに充てたかを示したもの。

 企業が配当金として株主にどれだけ還元しているかをみることができ、一般的に配当性向の低い企業は、内部留保が手厚く行われていることを意味する。
 配当性向(%)=(配当金支払額÷当期純利益)×100で算出する。
ワンポイント
 内部留保率を高くし、事業投資を行うことで企業が成長し、企業価値が高まるという場合もある。

当サイトで公開されている情報(文字、写真、イラスト、画像データ等)及びこれらの配置・編集および構造などについての著作権は株式会社oricon MEに帰属しております。これらの情報を権利者の許可なく無断転載・複製などの二次利用を行うことは固く禁じております。