自動車保険の“自賠責保険” 誰にいくらまで補償するのか


【自動車保険ランキング】自動車保険、保険料で選ぶなら?

自動車の自賠責保険、誰に対していくら補償するのだろうか(イラストはイメージ) [拡大する]

自動車の自賠責保険、誰に対していくら補償するのだろうか(イラストはイメージ)

 自動車による交通事故などの被害者を救済と、加害者の経済的負担の補てんを理由に、加入することが義務となっている自賠責保険。事故が起きたとき、誰に対して、いくら補償してくれるだろうか。

■自賠責保険は誰に対しての自動車保険

 自賠責保険から保険金を受け取れるのは、運転者から見た時に被害者に限定される。「自賠責保険は被害者のための保険」といえ、自分に対しては一切支払われない。また、交通事故を起こして、相手との過失割合が50:50だった…という場合、「自分も被害者」といえるかもしれないが、自分の自賠責保険から支払われるのはあくまで事故の相手のみとなり、自分は保険金を受け取ることはできない(自分には、相手の自賠責保険から支払われる)。

■自賠責保険は何に対して、いくら補償される?

 自賠責保険は被害者に対して支払われるが、損害全てを補償するわけではない。補償される内容は以下に限定される。

傷害(ケガ):最高120万円…治療費、休業損害、慰謝料含む
後遺障害:最高4000万円…逸失利益、慰謝料含む
死亡:最高3000万円…逸失利益、慰謝料、葬儀費用など

 このように補償される範囲は被害者の身体の損害とそれによる逸失利益、慰謝料等に限られる。事故で被害者の車や身に着けていた宝飾品などが損害を被ったとしても、自賠責保険からは一切の補償が出ない。

■限度額を超えたら? 自分への補償は?

 自賠責保険は被害者救済を目的としているが、その保険金額は決して高くない。近年では交通事故で被害者が死亡すれば1億円を超える賠償金となることも珍しくなく、自賠責保険の死亡保険金3000万円では到底足りない。さらに被害者の車や宝飾品などはそもそも自賠責保険で補償されないので、加害者が補償するしかない。

 また、ドライバーが単独事故で自ら大ケガを負った場合、自賠責保険は使えないので、自分に対しての補償は一切されない。交通事故という不測の事態に加え、相手方に満足な補償をできず、自分の補償も受けられなければ大変な状況に陥ってしまうので注意しよう。

 自賠責保険は、あくまで最低限の補償。自賠責保険に加えて、任意保険でどんな補償(保険)に加入すべきか、確認しておくことを検討しよう。

(文/西村有樹)
フリーライター。保険や資産運用などマネー系に強く、「All About」で自動車保険ガイド記事のほか、銀行や保険会社、証券会社などの刊行物、国交省、財務省等官公庁の媒体など幅広く執筆。ほかにも雑誌「プレジデント」「ベストカー」などでも多数の記事を担当する。

>>任意保険選ぶ前に確認 満足度が高い自動車保険ランキング

>>もし自賠責保険が切れていたら… 事故時の“救済措置”はあるのか?

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。