自動車保険の「使用目的」 ケース別でみる選び方

  • 自動車保険の「使用目的」(画像はイメージ)

 自動車保険に加入する際は、車をどういった用途(使用目的)で利用するのかを申告する必要がある。これは、用途によって保険料の金額が異なるためだ。多くの保険会社では、「レジャー」「通勤・通学」「業務」の3つのカテゴリーから用途を選択し、自動車保険に加入することになる。

 しかし、「主にレジャーに使うけれど、時々通勤にも使う」といったケースもあるだろう。このような場合は、どのカテゴリーを用途として選べばいいのだろうか。また、契約した用途と異なる用途で使用中に交通事故を起こした場合、保険は適用されるのか。ここでは、自動車保険の使用目的の選び方について紹介する。

使用目的別に加入するのはなぜか

 自動車保険の使用目的は、日常の買い物や、週末のレジャーのみに車を利用する場合と、毎日営業車として車を利用する場合では、自動車を利用する頻度が変わる。自動車を利用する頻度が高ければ、交通事故に関するリスクが増加するため、レジャー使用と業務使用では保険料が変わってしまう。通勤・通学の場合も同様の考え方で、レジャーよりは使用頻度が高いとされ、「レジャー」「通勤・通学」「業務」の順に保険料は高くなっていく。

 そのため、用途選びを間違えると、適正額よりも高い保険料を負担することになる可能性がある。また、実際には業務で使用しているにも関わらず、レジャー用途で加入しているなどの不正があった場合は、保険金が支払われない可能性もある。自動車保険に加入するときは、正しい使用目的を選ぶようにしよう。

自動車保険の用途(使用目的)別の判断基準

・レジャー
買い物や週末のお出掛けなど、おもに遊びや日常生活に車を利用する場合の用途。保険会社によっては「レジャー」ではなく「日常」「日常・レジャー」などというカテゴリー名になっている場合もある。

なお、用途をレジャーにしていても、たまに通勤や通学時に車を使うケースもあるだろう。その場合は、月15日以上(または週5日以上)でなければ、万が一の際でも保険金は問題なく支払われるはずだ。

 しかし、たとえば“車の使用は通勤時のみで業務上は使わないという契約条件にも関わらず、実際は業務上でも使っている”といった場合は、保険金が支払われないこともある。いずれにしても、あまりに契約条件と違う利用をするのは好ましいことではないので、今一度確認しよう。

・通勤・通学
平均月15日以上、または週5日以上、車で通勤や通学をしている場合に選択する。自分の通勤や通学のための利用だけではなく、家族を会社や学校に送っているという場合も該当する保険会社もある。毎日ではない送迎に使用する場合は日常・レジャー扱いとなる。

・業務
平均月15日以上、車体に企業名をペイントしている社用車として事業主が利用しているなど、被保険者が法人で、主として業務(仕事)に使用する場合。保険会社によっては週5日以上という要件もある。

 保険会社によっては、この3つ以外にも「通勤・通学」と「業務」を合わせて、「主に仕事で使う」という用途カテゴリーにしている保険会社もある。

複数の用途で車を利用する場合

 上記の3カテゴリーは、あくまで主な目的だ。しかし、実際に車を利用する用途は、ひとつとは限らない。たとえば、おもにレジャーで使うけれど、たまに通勤にも利用することもある、という場合は数回通勤に使うから用途を「通勤・通学」にする必要はない。では、どの範囲までなら主となる用途として申告しなくて良いのだろうか。以下、ある保険会社の使用目的の区分ではこのように判断される、といったケースを紹介する。

・主に買い物に利用しているが、雨の日は学校や会社に家族を送る
この場合は、日数等の基準によって保険会社が判断する。多くの保険会社では、月15日以上(または週5日以上)「通勤・通学」に使用しなければ、レジャーのカテゴリーと定めている。なお、「通勤・通学」という規定は、学校や会社まで乗ることではなく、最寄り駅までの送迎であっても該当するので注意。

・毎日通勤に使用しているが、社用車が足りない場合などに、年に数回営業に使う 
この場合は、「通勤・通学」となる。「業務」に該当するかどうかも「通勤・通学」と同様、週に5日以上、または月に15日以上継続的に利用しているかどうかといった基準によって判断する。

 このように、用途が複数のカテゴリーにまたがる場合、利用頻度によって保険料が変わってくる。判断基準としては「月に15日以上の利用」が目安ですが、あくまで年間平均を基準としている。したがって、1年のうち1ヶ月だけ15日以上通勤に利用したとしても、それ以外の月が通勤に使われないのであれば、「レジャー」カテゴリーとなる。しかし、各保険会社によって細かい日程の規定は異なるため、不安を感じたら一度問い合わせてみよう。

異なる用途で事故が起こった場合

 「レジャー」で保険契約していて、たまたま通勤利用したときに交通事故を起こしてしまうこともある。このような場合でも、自動車保険の補償を受けることができる。しかし、実際は日常的に通勤に利用しているにも関わらず、偽って「レジャー」で契約をしていた場合は、補償を受けることができない。

 「業務」に関しても同様のため、もし日常的に自分の車を営業活動などの業務に利用しなければならない状況になったときは、契約内容を変更する必要がある。通勤で利用している車を仕事に使う機会が増えてきたら、契約の内容に問題がないかチェックしてみよう。

 なお、この場合は保険料がアップするので、差分を負担してもらえるかどうか、会社の規定を確認し、上司に相談しよう。

 上記のケースのように、契約の途中で用途が変更になる場合もあるだろう。そのようなときは、保険会社に連絡をして用途変更手続きをしよう。保険料は変わる可能性があり、いざというときに補償を受けるためにも、正しい用途で契約をすることが大切だ。

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。