自賠責保険に入る意味とは 補償範囲と支払限度額

 自動車を運転するとき、万が一の事態に備えて加入するのが自動車保険だろう。なかでも「自賠責保険」は強制加入となる保険だが、入る意味があるのだろうか。今回は「自賠責保険」に強制加入する意味や補償範囲、支払限度額などについて紹介する。

自賠責保険とは

 自賠責保険とは、車やバイクの所有者に加入が義務付けられている保険のこと。所有者、または購入を検討したことがあれば知っている部分もあるだろう。“保険”と名がついているので、なかには「自賠責に入っておけば、万が一の事故の時には相手も自分も完全に補償されるだろう」と考える人もいるかもしれない。だが、実は補償される対象は限定されており、支払われる保険金額も最低限となっている。

加入しないとどうなる?

 自動車保険は、大きく分けて「自賠責保険」と「任意自動車保険」の2種類に分けられるが、自賠責保険はすべての自動車やバイク(原動機付自転車も含む)を使用する際に絶対に加入しなければいけない。そのため、別名「強制保険」とも呼ばれている。

 これは自動車損害賠償保障法という法律で定められており、もし、自賠責保険に入っていない状態のまま自動車を運行させた場合は、1年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処せられるほか、道路交通法上の違反点数6点が加算され、一発で免許停止処分となってしまう。通常は車検と一緒に更新するのが一般的だが、車検のないバイクの場合など、有効期間切れにはくれぐれも注意しよう。

 なお、自賠責保険は政府管轄の保険なので、保険料が自動車保険会社によって変わることはない。

社会保障的な意味合いを持つ自賠責保険

 自賠責保険は、事故の被害者や、被害者が亡くなってしまった場合に被害者の遺族などを救済するために作られた、社会保障的な意味合いを持つ保険だ。また、被害者だけでなく加害者側の立場で考えても、万一、自賠責保険に加入しない状態のまま交通事故を起こしてしまい、相手に後遺障害が残るほどのケガをさせてしまったり、相手を死亡させてしまった場合、莫大な金額の賠償金を一生かけて支払うことになってしまう。

補償の対象となるのは?

 自賠責保険で補償されるのは、交通事故で他人にケガをさせてしまったり、死亡させてしまった人身事故における、「他人」に対する補償に限られている。この保険は、運転者自身のケガには適用されない。また、他人というのは「運転者」と「車の所有者」以外の人のことを指す。

 たとえば父、母、兄、弟の4人家族が車に乗り、兄が運転していたときに人身事故を起こした場合、相手は当然補償の対象ですが、同乗者のケガについては注意が必要。もし父が車の所有者なら、所有者である父と運転者である兄のケガは補償されず、母と弟(それと相手)のみが補償を受けられます。なお、人身事故において自賠責保険で補償されるのは、治療費や雑費、休業損害、慰謝料など。後遺障害や死亡による逸失利益や、死亡の場合の葬儀費用なども含まれる。

 また、相手の車や運転者自身の車の修理代など、物損も補償の対象外となる。これらは、「任意自動車保険」で補償を受けることできる。

いくら補償されるのか

 自賠責保険は被害者に対して支払われるが、損害全てを補償するわけではない。補償される内容は以下に限定される。

傷害(ケガ):最高120万円…治療費、休業損害、慰謝料含む
後遺障害:最高4000万円…逸失利益、慰謝料含む
死亡:最高3000万円…逸失利益、慰謝料、葬儀費用など

 このように補償される範囲は被害者の身体の損害とそれによる逸失利益、慰謝料等に限られる。事故で被害者の車や身に着けていた宝飾品などが損害を被ったとしても、自賠責保険からは一切の補償が出ない。

 金額が億を超えるような賠償が必要になった場合、自賠責保険で支払われた保険金との差額を自己負担しなくてはいけない。また、自分自身のケガや、車・建物などの損害も対象外となる。あくまで自賠責保険は、“相手に対する最低限の保険”。そこで、「任意自動車保険」が必要となる。

自賠責保険が支払われないケースとは

 ドライバーが単独事故で自ら大ケガを負った場合、自賠責保険は使えないので、自分に対しての補償は一切されない。交通事故という不測の事態に加え、相手方に満足な補償をできず、自分の補償も受けられなければ大変な状況に陥ってしまうので注意しよう。

 また、そのほかにも保険金が支払われないケースがある。

<被害者の過失が100%の場合>
 たとえば、「被害者がセンターラインを飛び出し、対向車線を走行中の車両に衝突した」「わき見運転で衝突した」「赤信号を無視して衝突した」といった場合。

<被害者が“運行供用者”の場合>
 自己の目的のため車両を運転させる立場にある人を「運行供用者」という。たとえば家族を会社や学校に送迎する際に事故に遭い、送迎されている家族がケガをした場合。

 これらはいずれもケースバイケースであり、一概にいえるものではないが、自賠責保険が万能ではなく、全てが補償されるものでないことはわかる。車やバイクを運転するなら、自賠責保険に加えて、任意保険も必要となるのだ。自賠責保険に加えて、任意保険でどんな補償(保険)に加入すべきか、確認しておくことを検討しよう。

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。