知らないと損する!? 【自動車保険】乗り換えで確認すべき4つのポイント


【自動車保険ランキング】自動車保険、保険料で選ぶなら?

自動車保険を乗り換える前に、確認すべきポイントとは? [拡大する]

自動車保険を乗り換える前に、確認すべきポイントとは?

 自動車保険は、満期や車の買い替えのタイミングで乗り換えることが多い。昨今では、ネットで保険料の試算ができ、そのまま契約手続きを行える会社もあるので、気軽に見積もりをとるドライバーもいるだろう。そこで「保険料がおさえられる」「サービスが気に入った」など、なんらかのメリットを感じて乗り換える運びになるわけだが、その際確認すべきポイントが4つある。

【1】情報に誤りはないか?
 Web見積もりでは、入力した型式が誤っていたり、被保険者の情報がもれていたりすることは珍しくない。もっと単純なミスで、更新案内の「翌年10等級」という記載を見誤り、現在の等級が10等級で「翌年11等級」としてしまうこともある。
 
 この場合、提示された保険料で申し込むことはできるが、のちのち記載ミスが明らかになったり、契約後に前保険会社と情報の照会がされたりして、保険料を再計算、追加で保険料を支払うことになる。情報はよく確認して入力しよう。

【2】事故歴はないか?
 現在の自動車保険の契約中に事故を起こし、保険を使っていたケースも要注意だ。うっかり事故歴の申告をしなければ、事故はなかったものとして処理され、等級はひとつアップする。そのまま乗り換え先との契約まで進むことはできるが、契約後に前保険会社との照会が行われ、事故があったことが判明する。すると、正しい等級で保険料が再計算され、追加で支払うことになる。事故の申告については、より正確に行いたい。

【3】乗り換えで損をしないか?
 自動車保険は基本的に1年契約で、無事故で経過するごとに等級がひとつアップし、保険料の割引率が大きくなる。そのため、継続も乗り換えも満期のタイミングで行うのが最も無駄がない。

 逆に「4月1日が始期日→10月1日に他社へ乗り換え→10月1日乗り換え先の満期日」のようなケースは注意したい。契約中の保険の満期前に他社に移れば、これまで無事故であっても無駄になってしまう上、等級が上がる時期も延びる。また、途中解約による保険料は戻るが、金額は日割り計算にはならない点も注意が必要だ。

 ただし、一部には“保険期間通算特則”を設けている会社もある。これは、例えば4月1日が始期日で10月1日に他社へ乗り換えたとしても、翌年の4月1日を満期日とするもので、乗り換え時期を問わずに1年満期を迎えられるメリットがある。満期前に乗り換える場合は、この保険期間通算特則のある会社を検討したい。ただし、前述した保険料の返戻については頭に入れ、解約日と始期日を合わせるなどの調整も必要だ。

【4】等級は引き継げるか?
 国内損保、外資系、ダイレクト型を問わず、保険会社間で等級の引き継ぎは当然可能。判断に悩むのは共済だ。一般的な「全労済」「JA共済」といったものなら、損保との等級は問題なく引き継げるが、「教職員共済」「自治労共済」などは引き継ぎ不可となる。積み上げてきた等級がフイになってしまわないよう、きちんと引き継がれるかどうかは事前に確認しておこう。

(文/西村有樹)

>> 乗り換え前に要チェック! 満足度の高い<自動車保険>ランキング

>> 【自動車保険】更新前に比較するなら… 知っておきたい「見積もり」の注意点

自動車保険を比較する

個別or一括見積もり 違いを比較

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。