【自動車保険】契約期間中の「保険会社乗り換え」 3つの注意点


【自動車保険ランキング】自動車保険、保険料で選ぶなら?

満期が来る前に保険会社を変更する場合、どんな点を注意すべき? [拡大する]

満期が来る前に保険会社を変更する場合、どんな点を注意すべき?

 自動車保険は、通常1年契約。継続する場合は、満期がきたら更新手続きをする必要がある。このタイミングでほかの保険会社へ乗り換えることはもちろんできるが、実は契約期間中でも可能だ。今回は、その際の注意点をお伝えしよう。

■保険の空白期間をつくらない

 満期前に乗り換える場合、「現在加入している保険会社の解約」と「乗り換え先の保険会社の契約」という二つの手続きが必要になる。このとき注意したいのは、解約日を新しい保険の開始日にすること。保険の空白期間をつくらなくて済むからだ。万が一、空白期間に交通事故を起こした場合、賠償責任は保険で補償されない(※1)。

■保険料は払い戻されるが少なめ

 満期前に解約した場合、すでに支払っている保険料については、残りの契約期間に応じて払い戻される。ただし、保険会社が設定する短期料率(※2)に従って計算される金額なので、月割り計算より少なくなるのが一般的だ。

■等級は特則の適用で引き継ぎ可能

 等級は通常、保険を使った事故がなければ1年ごとに1等級アップする。満期を迎え、そのまま更新手続きをすれば問題なく上がるが、契約期間中にほかの保険会社へ乗り換えると、アップする時期が遅れて損をしないか、心配になるドライバーは多いだろう。

 そこで役立つのが、「保険期間通算特則」だ。これが適用されれば、保険期間が引き継がれるので、契約期間中に保険会社を変更しても、無事故であれば前契約の満期日に等級が上がる。ただし、解約日と開始日が同日でないと適用されない点には注意しよう。

(※1)自賠責保険では補償される
(※2)契約期間中の解約時に、保険会社が返還保険料を計算するために用いる料率。会社によって表記が異なる場合がある

【文/内村しづ子】
CFP(R)認定者、1級ファイナンシャル・プランニング技能士。FP事務所マネーサロンキャトル代表(http://money-quatre.com/)。「働く女性が楽しい人生を送るためのお金の知識」を発信。女性の気持ちに寄り添うマネー講座やコラム執筆を積極的に行っている。

【監修/SAKU】

>>特約など「任意保険選び」に役立つ 自動車保険【満足度ランキング】

>>車のタイプや排気量が同じでも「自動車保険料」に差が出る!? その理由は…

自動車保険を比較する

個別or一括見積もり 違いを比較

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。