新等級制度と旧等級制度の違い

 契約者の事故歴に応じて、自動車保険の保険料を割引増する制度をノンフリート等級制度といいます。2012年4月1日、この等級制度は改定され、新制度が導入されることが決定しました。本格導入は2013年4月1日から順次。さらに2015年4月1日までの2年間は、経過措置期間として設定されています。

 すべての自動車保険会社で一斉に新制度が導入されるかというと、そうではありません。大手損保会社では2012年10月1日から周知期間とし、2013年10月1日から本格導入というところが多いようです。では、今回の改定でどこが新しくなったのでしょうか?旧等級制度からの変更点を見ていきましょう。

【変更点1】等級係数を「無事故係数」と「事故有係数」に細分化

 自動車保険の等級は、最も低い1等級から、最上位の20等級まで、20段階に分かれています。旧等級制度では、この20段階の間で、例えば無事故で過ごせば翌年の等級がワンランクアップして自動車保険料の割引率が上がり、事故を起こせば3等級ダウンして保険料が割増になっていました。

 ところが新等級制度では、同じ20段階の等級において、無事故の人が対象の「無事故係数」と、事故を起こした人が対象の「事故有係数」に等級係数を細分化し、それぞれで異なる2パターンの割引率を用意。つまり、同じ7等級の人でも、6等級から無事故で上がった人と、10等級から事故を起こして下がった人では事故リスクに差があるため、自動車保険料の割引率で両者に差をつけるということです。


【等級別割増引率(継続契約の場合)】

 「事故有係数」を適用する期間については、1事故あたりの等級ダウン数に合わせて、3等級ダウン事故1件につき3年間、1等級ダウン事故1件につき1年間。例えば、保険事故を起こして3等級ダウンする場合、等級が下がる上、翌年から3年間は保険料が割増になる「事故有係数」をもとに保険料が算出されるということです。

【変更点2】「等級すえおき事故」の廃止

 事故を起こして保険を使うと、基本的に次契約の等級が3等級ダウンします。しかし、旧等級制度では、事故リスクが低いと思われる事故については「等級すえおき事故」として次契約の等級をダウンさせることなく取り扱ってきました。

 ところが今回の改定で、事故リスクを見直した結果、この「等級すえおき事故」が撤廃。事故リスクが低いと思われる事故は、1等級ダウン事故として扱われることになりました。該当するケースは以下の通りです。


【前年契約にて、下記(ア)および(イ)いずれも満たす事故があった場合】

(ア)下記のいずれかの事故であること

(イ)事故発生の原因が下記のいずれかに該当する事故であること

・車両保険のみ
・車両保険および無保険車傷害保険のみ
・車両保険および搭乗者傷害保険のみ
・車両保険、無保険車傷害保険および搭乗者傷害保険のみ

・火災または爆発
・盗難
・騒じょうまたは労働争議に伴う暴力行為または破壊行為
・台風、竜巻、洪水、高潮
・落書または窓ガラス破損
・いたずら
・飛来中または落下中の他物との衝突

 今回の等級制度改定の目的は、契約者間の自動車保険料負担の公平性を向上させること。加入している自動車保険の使用の影響や自身の運転について、より深く考えるきっかけになりますね。

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。