自動車保険の「年齢条件」とは 間違えやすいポイントを解説

自動車保険の「年齢条件」とは 間違えやすいポイントを解説

 自動車保険の年齢条件を設定すると、保険料が安くなるケースが多くある。基本的には、年齢条件が高くなればなるほど割引率が高くなるので、年齢条件を設定していることが多いはずです。しかし、設定方法を間違えていることも少なくありません。無駄な保険料を支払わないために、年齢条件のしくみをチェックしよう。

年齢条件って? 保険料が安くなる仕組みとは?

 そもそも年齢条件とは、運転する人の年齢を制限することにより保険料を割引する仕組みだ。すべての年齢の人が運転しても良い「全年齢補償」、「21歳以上補償」、「26歳以上補償」、「30歳以上補償」、「35歳以上補償」の5種類が存在する(保険会社によっては「35歳以上補償」を設定していない場合もある)。

 たとえば、「21歳以上補償」をつけていると、21歳未満の人が運転した場合は補償されない。年齢条件はつけるだけで保険料が安くなり、年齢が高くなればなるほど保険料は安くなる。なぜなら、一般的に年齢が上のドライバーほど、ゴールド免許保有者やベテランであるケースが多くなり、運転時の事故リスクは若年者より低くなる傾向にある。逆に若年層ほど事故を起こす確率が高くなるからだ。事故を起こす可能性が高いということは、保険会社が保険金を支払う可能性も高いため、その分保険料も高くなる。年齢が上がり、運転技術が上がれば事故のリスクも少なくなるため、保険料もより割り引かれる。

 もし、年齢条件を設定せずに自動車保険を契約しているのであれば、すぐにでも設定しておこう。ただし、年齢条件の正しい設定方法を知らずにいると損をすることがある。

年齢条件の正しい設定方法とは?

 自動車保険の年齢条件は、「契約している車を運転する可能性がある人の中で、一番若い人の年齢を設定する」と思われがちだ。「近所に住んでいる妹がよく運転するから、年齢条件をひとつ下にしている」というような話をよく聞く。しかし、それは間違いだ。実は、どの保険会社も年齢条件の適用範囲は「本人、配偶者(内縁を含む)、同居の親族、使用人」と明言している。つまり、配偶者と同居の家族か、それらの家族が経営している会社の従業員以外の人は年齢条件を設定していても、適用されない。先ほどの「別居の妹のために年齢条件を低くしている」という方法は無駄だったというわけだ。

 「私は33歳だが、年下の知人が運転することが多いため年齢条件を21歳以上補償にしている」という場合は、知人と内縁関係にない限り年齢条件は30歳以上補償で問題ない。また、「別居の子ども」も適用範囲外。「里帰りしている20歳の別居の娘が運転する予定が、35歳以上補償がついている。変更する必要か」という質問が多いが、こちらも子どもと別居していれば問題ない。35歳以上補償が付いていても、別居の子どもは年齢条件が適用されないので、万が一の際も補償を受けることができる。

 反対に、「これまで子どもが同居していたけど結婚して家を出ることになった」という場合は、子どもに合わせていた年齢条件を夫婦の年齢に合わせることで、大幅に保険料を節約することができる。もちろん、先ほどの例のように帰省した子どもがその車を運転しても大丈夫だ。このように、家族や従業員以外の人の運転に備えて年齢条件を低く設定しているという場合、すぐに契約内容を「本人、配偶者、同居の親族や従業員」の中で一番年齢が低い人に変更しておくことをお勧めする。

範囲外の年齢でも補償を受けられるケースも

 自動車保険の契約で運転者の年齢条件を指定した場合でも、それを下回る年齢のドライバーが事故を起こした際に補償を受けられることがある。

 たとえばA社の自動車保険では、「21歳以上」の運転者年齢条件で契約していても、契約者の子供が未婚かつ同居していない場合であれば20歳以下でも補償が受けられる。これは、契約者の友人など、家族以外の人についても同様だ。また、運転者が「21歳以上」かつ「契約者の家族のみ」という条件で契約していても、先ほどと同様に別居かつ未婚の子供であれば年齢を問わず補償が受けられる。このように、運転者年齢条件はすべての運転者に対して適用されるわけではないので、契約の際は誰の年齢を考慮すべきかよく確認しよう。

【参考】補償範囲を年齢で限定した場合のA社の保険料

限定なし:月額2万280円
21歳以上のみ:月額1万1660円
26歳以上のみ:月額7560円
35歳以上のみ:月額7240円

※マーチAK12/日常・レジャー使用/本人と家族に限定/車両保険なし/Aプラン適用時の場合/2012年5月時点の情報

年齢条件で気を付けたいこととは?

 年齢条件で気を付けたいのが保険期間中に適用範囲の一番若い人の年齢が変わるタイミングだ。たとえば、保険期間中に一番若い人の年齢が20歳から21歳になった、または、25歳から26歳になった時に年齢条件の手続きをすると補償範囲の区分が変わる。区分の変更により保険料の差額が生じた場合は返金される。

 運転する一番若い人の年齢が上がった時には年齢条件の変更手続きをしなければ、保険料が安くなる恩恵は受けられない。また、一番若い人の年齢が下がる反対のケースもあるので、保険期間中に変更が生じたらすぐに変更手続きをしよう。

 年齢条件を設定できる保険会社であれば、年齢区分が上がるにつれて事故リスクは低くなるため保険料は安くなる。年齢条件は一番若い人の年齢と年齢条件の区分設定が異なっていると補償対象外になる事態が生じるので、更新時には必ず補償内容を確認した上で更新手続きする事が大切だ。

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。