自動車保険の保険料はこう決まる!

  • 【画像】個人賠償責任特約

 自動車保険(任意保険)の加入や保険会社の変更を検討するとき、補償の内容が同程度でも、保険会社によって保険料にかなりの違いがあることに気付くと思います。もちろん加入者としては、補償内容が同程度なら保険料は安いほうが好ましいといえます。

 しかし、保険会社も競争しているわけですから、それぞれの保険商品には各社なりの特色や強みが存在しています。ですから、一概に「保険料が安いほどいい保険」というわけにはいきません。さまざまな会社の自動車保険を、自分のニーズに合っているか比較・検討するのはそのためです。

 ここでは、自動車保険の保険料はどのように決まるのかについて、その原則をご紹介しましょう。

年齢と保険料の関係

 自動車保険の補償対象となる人(以下、記名被保険者)の年齢は、保険料の額に大きな影響を与えます。これは、統計的にドライバーの年齢層によって交通事故の発生確率に大きな違いが見られるためで、若い人ほど事故確率が高いため、保険料も高くなります。

 多くの自動車保険では、1歳刻みの年齢ではなく、段階的に年齢条件を設定することで保険料を決定しています。

 例えば
 ・全年齢
 ・21歳以上補償
 ・26歳以上補償
 ・30歳以上補償

 などです。

 35歳以上など、もっと上の年齢層も細かく設定している保険会社もあります。この年齢条件が保険料に与える影響は大きく、全年齢補償と30歳以上補償とでは、保険料が3倍近く変わってくる場合もあるのです。

 このため、記名被保険者がある一定の年齢以上であれば、できるだけ記名被保険者に近い年齢条件で自動車保険を契約したほうが保険料を安くできるでしょう。ただし、記名被保険者の子どもが運転する可能性がある場合などは、実際に運転する可能性のある人すべての年齢を補償してくれる保険が必要となります。

保険料でチェック! 自動車保険顧客満足度ランキング>>

保険等級制度について

 自動車保険には保険等級という制度があります。これは、事故を起こさない(保険を使用しない)人ほど保険料が安くなるというしくみです。1年無事故であれば1等級上昇し、その分、保険料が安くなっていきます。

 個人向けの自動車保険には「ノンフリート等級別料率」が採用されており、これは1等級(最下級)から20等級(最上級)に分類されています。自動車保険に新規加入したときは6等級からスタートし、無事故の状態が続けば14年後には20等級になります。20等級になると、基本保険料に対して63%(一部の共済保険などを除く)もの割引率で保険に加入できますので、非常にお得です。

 ただし事故を起こすと1〜3等級ダウンし、3等級を割り込むと保険料は割増しになります。そして、この等級は保険会社を切り替えても引き継がれることになっています。

自動車の車種・形式などによっても保険料は異なる

 自動車保険は、対象となる車の車種・形式、使用目的、年間走行距離などによって保険料が変わってきます。

 例えば、コンパクトカーやミニバンなどに比べ、SUVやスポーツカーなどのほうが若干保険料は高くなる傾向があります。これを車両料率クラスといいます。また、同じ車種でも形式(年式)によっても保険料は異なり、一般的には新型の車ほど保険料が安くなる傾向があります。

 さらに、「通勤・通学」「日常・レジャー」「業務」といった車のおもな使い方や、年間走行距離によっても保険料は変わってきます。これは「車に乗る頻度が多いほど事故率が上がる」「年間に走る距離が長い車ほど事故率が上がる」といった統計的な因果関係によるものです。

 このほか、おもに運転する人の運転免許証の色(ゴールドが一番保険料が安い)や使用地域(地域によって事故率に差がある)などによっても保険料は細かく変わってきます。

各種割引制度を上手に活用!

 自動車保険は、保険会社ごとにさまざまな割引制度を設定しています。例えば、所定の盗難防止装置を装着した車の車両保険料が割引になる「盗難防止装置割引」などです。このような割引制度は、比較的多くの保険会社に共通する制度もありますし、その保険会社ならではの割引制度を設けているケースも見られます。

 自動車保険の加入や見直しを検討するときは、こうした割引制度にも注目してみてください。

自動車保険を比較する

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ 自動車保険の一括見積もりはこちら

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。