軽自動車の自動車保険、安くなるのは車両保険だけじゃない!?

  • 【画像】軽自動車

 普通自動車に比べて、軽自動車は自動車税や自動車重量税などが優遇されています。それは自動車保険(任意保険)でも同じで、特に車両保険でも普通自動車と大きな違いが出るほか、軽自動車ならではの保険料割引も用意されています。

 ここでは、軽自動車の自動車保険は普通自動車と比べてどこが違うのか、どんな点に気を付ければさらに安くできるのかといったことをご紹介します。

軽自動車の保険料

 軽自動車の魅力は、なんといっても維持費の安さです。最近の軽自動車は技術力が向上したために、サイズアップして積載量も多くなっています。また、ファミリーユースに適した車種も増えたため、「少人数の世帯ならマイカーは軽自動車で十分」と感じている人も多いのではないでしょうか。

 軽自動車と普通自動車の保険料を比較したとき、最もその差が目につきやすいのは車両保険です。車両保険とは、自分の契約車両に発生した損害を補償してもらう保険です。自動車保険の中でも比較的高額な保険で、自動車保険に車両保険を付けるか付けないかで保険料は大きく違ってきます。なぜなら、車両保険の保険金は「車の時価」、つまり市場価値で決まります。「契約車両と同じ型式(メーカー・車種・年式・グレードなど)の車を、今中古車で買うとしたらいくらかかるか?」が車の時価となり、保険料の算出に使われます。軽自動車の場合、元々車両購入価格が普通自動車に比べて安いため、車の時価も低く評価されます。

 軽自動車の自動車保険に車両保険を付けるかどうかは、人によって判断が分かれるところです。車両保険を外すと、自動車保険は格段に安くなるからです。また、安く車両保険を付けたいのであれば、免責金額(損害額が一定額以下なら保険は使わないという額)を設定することで、安くすることができます。逆に、仮に車が全損しても新車を買い直せるだけの保険金は受け取れませんので、全損になったときに新車を買いたければ、「新車特約」を別途付ける方法もあります。

型式別料率クラスについて

 自動車保険の保険料は、事故を起こしやすい車の保険料は高く、事故を起こしにくい車の保険料は安く設定されるようになっています。また、万一事故を起こした際、損害額が大きくなりやすい車ほど保険料が高くなるようになっています。これは、保険料を負担している契約者同士の間で、不平等が発生しないようにするためです。

 普通乗用車や小型乗用車では、型式別料率クラスが適用され、車の形状や性能等によってリスクが細分化されています。ところが、2017年6月現在、軽自動車にはこのような型式別料率のクラス分けはなく、保険料は一律に低く抑えられています。これは、軽自動車が普通自動車に比べて、事故を起こしたときに人間や器物に与える損害が少ないことや、軽自動車の主な利用法からして、比較的スピードを出すシーンが少ないこと、事故が発生しても軽微なものになりやすいことなどを総合的に考慮しているからと思われます。しかし、2020年1月1日までに軽自動車にも型式別料率のクラスが導入される見込みです。

軽自動車の自動車保険選びで注意すること

 自動車保険を構成する主な補償内容には、対人賠償保険・対物賠償保険・搭乗者傷害保険・人身傷害補償保険、そして上記で説明した車両保険などがあります。このうち、対人賠償保険と対物賠償保険については、軽自動車でもぜひ無制限を選んでおきたいものです。対人・対物とも、近年は数億円単位の損害賠償訴訟が発生しています。いくら軽自動車であっても死亡事故を起こす可能性はありますし、事故を起こした相手の車に非常に高額な積荷があれば、賠償額は莫大なものになります。「軽自動車だから」と軽く考えず、相手に対して賠償責任を伴う可能性がある場合についての補償は、できるだけ手厚くしておくべきでしょう。

自動車保険を比較する

個別or一括見積もり 違いを比較

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。