2台目の自動車保険料を安くする方法〜セカンドカー割引〜

 一家に車が2台というケースは決して珍しくありません。夫が通勤で車を使用するため、そのほかの家族が使うために2台目の車を購入するケースもあります。所有する2台にかかる維持費や保険料等はできるだけ抑えたいものです。そこで2台目(セカンドカー)以降の車にかかる自動車保険料はどうなるのでしょうか。その考え方とポイントについてお伝えします。

セカンドカー割引とは

 2台目以降の車についてはじめて自動車保険を契約する場合、「適用条件」を満たせばセカンドカー割引が適用されます。通常、はじめて自動車保険を契約する場合、ノンフリート等級は6等級からのスタートになります。セカンドカー割引が適用されると7等級からのスタートになります。自動車保険では「等級」が設定され、この等級に応じて保険料が割増引されるしくみになっています。等級が1ランク上がることにより保険料の割引率が高くなります。一般的には、1台目と2台目の自動車保険会社が異なっていても、適用条件を満たせば利用できる割引制度です。

 1台目と2台目の車の適用条件はつぎのとおりです。


【セカンドカー割引の適用条件例】
「1台目」の車に関する条件

・等級が11等級以上(他社の契約でも構わない)(2台目の車の保険始期日時点)
・用途車種が自家用8車種であること
・車の所有者が個人であること

「2台目」以降の車に関する条件

・はじめて自動車保険を契約する車であること
・用途車種が「自家用8車種であること
・所有者が個人で、以下のいずれかであること
[1] 1台目の契約の記名被保険者
[2] [1]の配偶者
[3] [1]または[2]の同居の親族
[4] 1台目の車の所有者
・2台目の車の記名被保険者が個人で以下のいずれかであること
[5] 1台目の契約の記名被保険者
[6] [5]の配偶者
[7] [5]または[6]の同居の親族

保険料を安く抑えるポイント

 所有する車の自動車保険は、必要のない補償は付帯しないなど見直しをすることで保険料を抑えることができます。

■車両保険の補償タイプを検討する

 保険料を抑えるために見直しできる補償のひとつに「車両保険(自分の車の補償)」があります。車両保険は偶然な事故により車が損害を受けた場合に保険金が支払われます。事故により車両保険から保険金が支払われると事故の種類によって「3等級ダウン事故」「1等級ダウン事故」のように等級に影響があります。また、保険を使っても等級に影響がない「ノーカウント事故」もあります。

 車両保険の加入率は全国平均43.5%(2016年度末)(※1)で、その加入率は半分以下です。とは言え、新車やローンが残る車には車両保険を付帯したいという場合、補償のタイプを選択してみましょう。最も補償が手厚い一般的な車両保険ではなく、補償範囲を限定したタイプであれば車両保険の保険料を抑えることができます。ただし、補償を限定した場合は、適用外の事故には自腹を切る覚悟が必要です。


【車両保険の補償範囲】

■条件を限定する

 補償の範囲を限定することで保険料が割引される特約があります。「運転者家族限定特約」は、運転する人の範囲を限定するほど保険料が割引されます。例えば、配偶者しか車を運転しないのであれば配偶者を記名被保険者にすることで保険料を抑えることができます。


【家族限定特約の補償範囲】

注意したい点

 2台目の車を所有する上で自動車保険料を安く抑えるにあたり、注意しておきたい点もあります。

■基本補償は必須

 事故を起こした場合、賠償責任が高額になる可能性もあることを認識しておきましょう。過去には死亡事故による賠償金額が5億円を超える判決例もありますので、万一に備えて十分な賠償資力のある自動車保険であることが必須です。基本補償のうち相手への補償となる「対人賠償保険」「対物賠償保険」についてはいずれも契約金額を無制限に設定することが基本です。

■1台目と2台目に重複する補償はないか

 2台目の自動車保険を契約する際には、1台目の自動車保険と重複する補償がないか確認しましょう。この時、確認したいのが「人身傷害保険」です。人身傷害保険は、搭乗中の事故以外にも補償範囲を拡大することで、他の車に搭乗中の自動車事故、歩行中などでの自動車事故、自転車・電車等での事故が補償される契約もあります。
例えば1台目の自動車保険が「車内+車外補償型」であれば、2台目は「車内のみ補償型」にするなど補償の重複をなくすことで保険料を抑えられます。

 他に重複する可能性のある補償としては「弁護士費用特約」「個人賠償責任特約」「ファミリーバイク特約」があります。補償が重複していても支払われる保険金は損害額が限度となり、損害額以上の保険金は受け取れません。


【人身傷害保険の補償契約例】

家族構成とともに見直しを

 2台目の自動車保険への加入は、1台目の自動車保険についても見直しのタイミングとなります。日常的に車を使用しなければならない地域でしたら、お子様の通勤用に車をもう1台購入するということも考えられます。家族のライフイベントごとに、車の台数も変わり、各車両に適した補償を検討してみましょう。

 2台目以降の自動車保険の加入により、世帯では自動車保険料の負担がその分だけ増えていきます。家計のためにも自動車保険料を抑えたいところですが、万一事故を起こした時に十分な備えがないと意味がありません。

 むやみに補償を削るのではなく、必要な補償はしっかりキープし、セカンドカー割引などの各種割引制度を賢く利用してみましょう。

出典:(※1)「2016年度自動車保険の概況」損害保険料算出機構

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。