【自動車保険ガイド】自分の過失ゼロ! それでも保険適用で等級ダウンする?

自分に過失のない事故でも、保険を使えば等級ダウン? [拡大する]

自分に過失のない事故でも、保険を使えば等級ダウン?

 自動車保険の保険料は、等級によって大きく左右される。無事故なら等級は上がって保険料の割引率は大きくなるが、事故を起こして保険を使うと等級は下がり、割引率は小さくなる。“事故”といわれると、自身が起こしてしまった事故が想定されるが、なかには「自分の車で友人が事故を起こした」といった自分に過失のないケースもあるだろう。そのような場合も、保険を使えば通常通り等級は下がってしまうのだろうか?

 まず、自分の車で友人が事故を起こした場合。加入中の自動車保険の適用範囲に「友人」を含んでいることが前提だが、自身の保険を使えば等級はダウンする。その理由は、免許の違反などと違い、等級は該当する保険が使用されるかどうかで上下するためだ。ただし、友人が「他車運転危険担保特約」に加入していれば、友人の自動車保険から優先的に賠償を行うことができる。

 次に「赤信号で停車中に後方から追突された」など、運転席にはいたものの過失はない場合。賠償責任は加害側にあるが、任意保険に加入していないといった理由で支払いが滞ってしまうこともある。そこで自身の保険を使っても、過失がなければノーカウント事故として扱われ、等級は下がらないケースが多い。ノーカウント事故として扱う条件は保険会社ごとに異なるため、契約時に確認しておくのが得策だ。

 いざというときのための自動車保険だが、採用されている等級制度は保険料にダイレクトに影響するため、あらかじめ個々の契約に基づく“等級が下がる要因”を頭に入れておいたほうがいいだろう。

>>保険料に関する満足度をチェック!
保険を適用したドライバーが選ぶ<自動車保険>保険料・金額への満足度ランキング

自動車保険を比較する

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ 自動車保険の一括見積もりはこちら

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。