アノマリー

 アノマリーとは、「変異性」や「変則」、「異常」と訳され、株価や投資尺度の異常値など、経済合理性だけでは説明ができない現象を指す。

 株価の季節的な変動パターンや、根拠はないが経験的に観測できるマーケットの規則性のことをアノマリーと呼ぶことが多い。
<代表的なアノマリー>
(1)1月効果:米国株は、他の月と比べて1月の投資収益率が高くなりやすい。
(2)4月効果:日本株は、4月に上昇しやすい。
(3)10月効果:米国株は、他の月と比べて10月の投資収益率が下落しやすい。
(4)二日新甫(ふつかしんぽ)は荒れる:1日が休日で、2日から始まる月の相場は荒れやすい。

当サイトで公開されている情報(文字、写真、イラスト、画像データ等)及びこれらの配置・編集および構造などについての著作権は株式会社oricon MEに帰属しております。これらの情報を権利者の許可なく無断転載・複製などの二次利用を行うことは固く禁じております。