アジア通貨危機

 アジア通貨危機とは、1997年7月にタイを皮切りに発生した、アジア諸国の通貨暴落とそれに伴う深刻な金融危機のこと。

 米ドルと連動させ、自国通貨の安定を図る「米ドルペッグ制」から、変動相場制へ移行することでタイバーツが急落。これが震源となり、韓国やインドネシアなどアジア諸国の通貨も連鎖的に暴落し、金融機関や企業の破綻が相次いだ。

当サイトで公開されている情報(文字、写真、イラスト、画像データ等)及びこれらの配置・編集および構造などについての著作権は株式会社oricon MEに帰属しております。これらの情報を権利者の許可なく無断転載・複製などの二次利用を行うことは固く禁じております。