株式保有制限

 株式保有制限とは、企業が企業の株式を保有することを一定基準に基づいて制限すること。

 株式保有を通じて企業を支配することで、市場が独占されることを防ぐことを目的としている。
 銀行など金融機関には特に厳しく、原則として国内企業の発行済み株式総数の5%を超えて保有することは認められていない。ただし、企業救済などの場合は、保有制限が緩和されることもある。

関連用語

株式

当サイトで公開されている情報(文字、写真、イラスト、画像データ等)及びこれらの配置・編集および構造などについての著作権は株式会社oricon MEに帰属しております。これらの情報を権利者の許可なく無断転載・複製などの二次利用を行うことは固く禁じております。