単元株

 単元株とは、株式取引において、銘柄ごとに決められている最低売買単位のこと。

 一定の制限のなかであれば、企業が自由に決めることができるため、銘柄によって1単元株数は異なる。
 株式の売買は通常、売買単位の整数倍で行われる。例えば1単元が100株の場合、売買は100株、200株、300株…と100株単位で行われ、250株など単元の整数倍以外の株数では取引は行うことができない。
 また、1単元につき1議決権が付与される。
ワンポイント
 1単元株数の上限は1000株で、100株、1株が一般的。まれに500株などの銘柄もある。

関連用語

株式

当サイトで公開されている情報(文字、写真、イラスト、画像データ等)及びこれらの配置・編集および構造などについての著作権は株式会社oricon MEに帰属しております。これらの情報を権利者の許可なく無断転載・複製などの二次利用を行うことは固く禁じております。