「対物賠償保険」だけでは修理費を賄えないことも!? 事故時に頼れる特約はコレ!


【自動車保険ランキング】自動車保険、保険料で選ぶなら?

”古い車”との事故時に役立つ「対物超過修理費用特約」について紹介する [拡大する]

”古い車”との事故時に役立つ「対物超過修理費用特約」について紹介する

 自動車は新車ばかりが好まれるわけではない。程度のいい中古車が好きな人もいれば、10年以上にわたって初めて買った車を大切に乗る人もいる。このような車と事故に遭った際、役立つのが「対物超過修理費用特約」だ。

▼対物超過修理費用特約が役立つ理由

 交通事故で相手の車に損害を与えた場合、自身の過失割合分を賠償すれば、法律上は責任を果たしたことになる。通常は自分の対物賠償保険で補償されるが、実はこの保険で支払われる保険金は、相手の車の時価額が上限になっている。例えば、時価額10万円の車に損害を与えた際は、10万円が限度ということだ。

 実際の修理費を賄う十分な保険金を出せないとなれば、相手との示談交渉はまとまりにくい。特に古い車の場合、修理費が保険金額を上回り、トラブルになるケースがあるので注意が必要だ。

 そこで役立つのが、対物超過修理費用特約だ。これは、事故により相手へ修理費を支払う場合に、相手車両の時価額とは関係なく、1事故1台につき50万円まで補償される特約。保険会社の定める時価額は、年10%程度下落していくため、10年以上経過する車両は時価評価がほとんどない。そうなると、上述の通り対物賠償保険での全額支払いは難しいが、この特約があれば50万円までは払われるので、スムーズな示談解決への後押しとなる。

 最近は自動車の性能向上により、10年以上同じ車に乗り続ける人も目立つようになった。その一方で、車両評価のルールは従来と変わらないため、実物と時価額の間に開きが出てしまい、事故後にもめるケースも散見される。円滑に解決するために、この特約はぜひ付帯することをオススメする。

<記事/奥田知典(マイアドバイザー登録FP)>
第一勧業銀行(現みずほ銀行)、東京海上日動火災保険、2006年から現在は(有)ekコンサルタント取締役として住宅セミナー講演、工務店経営支援、TV・ラジオ出演やコラム執筆等、幅広いジャンルで活躍中。

>>「自動車保険」を選ぶなら必見 オリコン日本顧客満足度ランキング

>>車に友人を乗せるなら要確認! 事故時にケガを補償する“3つの保険”

自動車保険を比較する

個別or一括見積もり 違いを比較

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。