株初心者がネット証券を選ぶ時のポイント

 ネット証券は、これから株の取引を始めるという方にこそおすすめの証券会社です。口座開設や取引がネット上でできて便利なだけでなく、手数料が安く、少額からでも始めやすいためです。しかし、対面証券と異なり、全てを自分で考えて行う必要があります。初心者にとっては、おトクに、手厚いサポートがついているような証券会社を選びたいものです。そこで今回は、株の初心者がネット証券を選ぶにあたって比較すべきポイントについてご紹介します。

ポイント@手数料

 株を売買して成立する「約定」には、手数料がかかります。当然のことですが、これは安い方がいいと言えるでしょう。ネット証券では圧倒的に安いですが、それでも証券会社ごとに違いがあります。塵も積もれば山となるということで、この少しの違いがのちのち大きな金額になっていきます。

 手数料で注目するべきことは、「自分のよく利用する範囲の金額の手数料が安いか否か」です。例えばSBI証券では、10万円までならば1約定毎の手数料は150円ですが、マネックス証券では10万円までならば1約定毎の手数料は108円と安くなっています。一方で、50万円から100万円の場合は、SBI証券は525円、マネックス証券は1080円(PC成功注文)となり、金額によって違うことが分かります。また、約定毎ではなく、1日の約定の合計に対して手数料がかかる定額プランのようなものもあります。

 初心者のうちは取引も少ないので、「約定ごと」のパターンで、少ない取引額で比較をするのがお勧めだといえます。

ポイントAシェア

 シェアが多いということは、その分沢山の人に信頼されているという証になります。主要なネット証券としては、SBI証券・楽天証券・マネックス証券・松井証券・GMOクリック証券・カブドットコム証券などがあります。

 そして、それらの口座開設数が下の表です。

SBI証券

348万

楽天証券

225万

マネックス証券

169万

松井証券

109万

カブドットコム証券

105万

GMOクリック証券

31万

(各社のHPから引用。2017年3月末時点でのデータ)

 SBI証券が圧倒的なトップですが、他の証券会社もかなりの量の口座が開設されています。もしこれ以外のネット証券会社から口座を開設する場合は、これらの主要なネット証券と比べて、シェアはどのようなのかを比較してみるといいでしょう。

ポイントB取扱商品

 初心者のうちは、株の取引だけ、あるいは投資信託の購入だけで精いっぱいになるかもしれませんが、将来的には外国株・債券・IPOにも手を伸ばすのもいいかもしれません。しかし、扱っている商品は証券会社によって違いがあります。

 例えばSBI証券や楽天証券は、米国株・中国株・アセアン株など様々な種類の株を扱っています。マネックス証券は米国株に強みを持ち、GMOクリック証券は米国株と中国株をカバーしています。一方で松井証券やカブドットコム証券は外国株の取り扱いが豊富ではありません。将来的に海外の株を取引したいのであれば、しっかりと外国株を取り扱っている証券会社で口座を開設するのも一考でしょう。

 また、IPO(新規公開株)の取り扱いの豊富さにも注目すべきでしょう。IPOは比較的利益も得やすく、人気の株です。これの取扱数や手に入りやすさが高ければ高いほど良いと言えます。

 SBI証券や楽天証券は、シェア自体も大きいので、IPOの取扱数も多いです。しかし、その分購入を希望する競争相手が多いことにも注意しましょう。逆にシェアが小さいと取扱数が少ないですが、競争相手は比較的少ないと言えるかもしれません。

 このように、将来的にチャレンジをしたいのであれば、他の取扱商品にも注目するべきと言えるでしょう。

ポイントCサービス・ツール

 最後に注目するべきなのが、サービスやツールです。ネット証券は対面証券と違い、株や投資について教えてくれる人はいません。その為、ネット上でセミナー動画が視聴できる、スマホアプリで情報収集できる、レポートやマーケット情報が閲覧できる、チャットやコールセンターによるサポートが充実しているなどのサービスが提供されています。これも証券会社によって違いがあります。

 基本的に主要なネット証券会社では、ツールはパソコン、スマホ、タブレットに対応しており、どのネット証券でも遜色はないと言えます。また、SBI証券や楽天証券、マネックス証券などではポイントプログラムも導入しており、例えば、楽天では楽天のサービスで使用可能な楽天ポイントを得ることができます。他にも、主要なネット証券ではロボアドバイザーであったり、無料のセミナーで解説をしていたりしています。特にセミナーに関しては、ネットですぐ見ることができる証券会社もあるので、視聴してみてから決めることも可能です。

 初心者は手数料だけでなく、シェアや手数料、サポートしてくれるサービスを比較して、自分に合ったネット証券を選びましょう。もし迷うのであれば、複数の口座を持つことも手です。しっかりと吟味したうえで、賢く投資を進めましょう。

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。