追い証

 追い証とは、「追加保証金」の略で、信用取引などにおいて、担保である委託保証金を追加で差し入れること。

 信用取引では、投資家が委託保証金(現金や株券)を証券会社に担保として預託し、保証金の数倍にあたる買付資金や売付株式を借りて、信用買いや信用売りを行う。相場の変動により、評価損(計算上の損失)が発生し、委託保証金の総額が、必要額より不足してしまった場合、担保資金を入れるか、株式を売却して追加する必要がある。
ワンポイント
 株券を担保としている場合、担保である株式の値動きによる追い証が発生する可能性もあるため、余裕を持って投資を行う必要がある。

関連用語

信用取引

当サイトで公開されている情報(文字、写真、イラスト、画像データ等)及びこれらの配置・編集および構造などについての著作権は株式会社oricon MEに帰属しております。これらの情報を権利者の許可なく無断転載・複製などの二次利用を行うことは固く禁じております。