株式消却

 株式消却とは、企業が自ら発行した株式を市場から買い戻し、消滅させること。「自社株消却」ともいわれる。

 株式消却は株主総会の決議(取締役会設置会社の場合は、取締役会の決議)に基づいて行われ、買い取った株式は資本準備金や剰余金などを取り崩して消却する(資本金を取り崩した場合は減資となる)。
ワンポイント
 発行済み株式数が減少することで、一株あたり利益(EPS)や株主資本比率(ROE)などの財務指標が改善されるため、市場は好感することが多い。また、企業にとっては、株式の配当負担の軽減ができるなど、財務上の利点もある。

関連用語

株式EPSROE

当サイトで公開されている情報(文字、写真、イラスト、画像データ等)及びこれらの配置・編集および構造などについての著作権は株式会社oricon MEに帰属しております。これらの情報を権利者の許可なく無断転載・複製などの二次利用を行うことは固く禁じております。