ROE(アールオーイー)

 ROE(アールオーイ―)とは、Return On Equityの略称で、「株主資本利益率」または「自己資本利益率」のこと。企業の自己資本(株主資本)を元に、どれだけの利益を上げたか経営効率を測定する指標の一つ。株式の投資尺度としても利用される。

 ROEが高ければ収益力が高いと評価できるが、負債(他人資本)が大きい銘柄ほどROEが高くなるため、複数の銘柄を比較する場合には注意が必要である。
 ROE(%)=当期純利益÷自己資本(株主資本)×100で算出する。
ワンポイント
 欧米の投資家たちにとってROEは、効率経営を重視するための主要な財務指標となっている。また日本企業も以前はROEの意識が薄かったが、最近は経営目標に取り入れるところが増えている。

関連用語

株主資本

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。