クローズエンド型投資信託

 クローズドエンド型投資信託とは、原則としてそのファンドが満期を迎えるまで、買い戻しや解約を認めていない投資信託のこと。満期前の解約に際しては一定の制限が付いているものが多い。

 投資家は基本的に純資産価額に基づいた価格で中途解約することはできないが、ETF(上場投資信託)や不動産投資信託(J-REIT)など、証券取引所に上場しているファンドについては、取引所において売買されているので、換金が可能である。ただしこのときの売買価格は、売り手と買い手の需給によって決定されるため、純資産価額とは異なる。また、取引が成立せず、換金できない可能性もあるため注意が必要である。
ワンポイント
 いつでも自由に換金できるタイプは「オープンエンド型投資信託」という。

関連用語

投資信託ETFREITオープンエンド型投資信託

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。