証拠金維持率

 証拠金維持率とは、FX取引をする上で必要となる証拠金の割合のこと。

 証拠金維持率が高いほどレバレッジリスクは低くなる。証拠金維持率100%というのは証拠金の残高を全部使って取引しているときで、この場合、新規取引はできない。各FX会社によって率は異なるが、一定率を超えるとロスカットが行われる。
 証拠金維持率=(証拠金残高÷必要証拠金)×100で算出する。
ワンポイント
 例えば120万円分の外貨をレバレッジ3倍で取引する場合、必要証拠金額は40万円である。為替変動で外貨の価値が110万円まで下がり、10万円の含み損が発生すると、自己資金の価値は30万円に下がる。証拠金維持率は75%になる。

関連用語

証拠金レバレッジ効果リスクロスカット

当サイトで公開されている情報(文字、写真、イラスト、画像データ等)及びこれらの配置・編集および構造などについての著作権は株式会社oricon MEに帰属しております。これらの情報を権利者の許可なく無断転載・複製などの二次利用を行うことは固く禁じております。