指値

 指値とは、「指値注文」のことで、株式の売買注文を出す際、希望する売買値段を指定する注文方法のこと。買い注文の場合は上限価格、売り注文の場合は下限価格を指定する。

 例えば、“500円以下で買いたい”という希望を出すときは、指値500円で買い注文を出し、“500円以上で売りたい”という希望を出すときは、指値500円で売り注文を出せばよい。
 値段の動きによっては、指値より安く買えたり、指値より高く売れる場合もある。希望した値段で売買を成立させることができる反面、わずかの価格差で成立しないというデメリットもある。

関連用語

株式逆指値

当サイトで公開されている情報(文字、写真、イラスト、画像データ等)及びこれらの配置・編集および構造などについての著作権は株式会社oricon MEに帰属しております。これらの情報を権利者の許可なく無断転載・複製などの二次利用を行うことは固く禁じております。