マージンコール

 マージンコールとは、証拠金に一定の損失が生じた時、FX会社から来る通知のこと。

 FX会社によって証拠金維持率は異なるが、一定の割合以上の必要証拠金を維持するように決められており、その割合を食い込んだ時にマージンコールが発生する。
 マージンコールが発生した場合、期日までに証拠金を追加で振り込み証拠金を増やすか、取引を一部決済することで引き続き取引を行うことができる。マージンコールが発生したにも関わらず放置し損失が拡大すると、本人の意思に関わらずFX会社会社はロスカットを行う。
ワンポイント
 マージンコールやロスカットの仕組みによって、損失の拡大を予防することはできるが、そのような状況になる前にあらかじめストップ注文などでリスクを回避しておくことが重要。

関連用語

証拠金証拠金維持率ロスカット

当サイトで公開されている情報(文字、写真、イラスト、画像データ等)及びこれらの配置・編集および構造などについての著作権は株式会社oricon MEに帰属しております。これらの情報を権利者の許可なく無断転載・複製などの二次利用を行うことは固く禁じております。