特定口座

 特定口座とは、上場株式などの譲渡益(売却益)に課される所得税や住民税を、証券会社や銀行が個人投資家に代わって1年間の売買損益を計算する制度。

 特定口座は、金融機関一社につき一人一口座開設できる。「源泉徴収あり(源泉徴収口座)」と「源泉徴収なし(簡易申告口座)」の2種類があり、開設時にどちらを選択する。2つの口座の違いは次のような点が挙げられる。
(1)「源泉徴収あり」を選択した場合
 証券会社が源泉徴収するため、譲渡益が発生しても確定申告は不要。ただし、譲渡損を翌年以降に繰り越す(損失の繰越控除)場合や、他社や特定口座外での譲渡益と損益通算をする場合などは各自で確定申告する必要がある。
(2)「源泉徴収なし」を選択した場合
 証券会社が損益計算し、「特定口座年間取引報告書(年間損益報告書など)」を作成して投資家に交付する。投資家はこの書類を確定申告の添付書類に代用できる。確定申告は各自で行わないといけないが、手続きは簡易になる。
ワンポイント
 平成15年1月より、上場株式等譲渡益課税が「申告分離課税」に一本化され、原則として投資家自身による確定申告が必要になり、投資家の申告手続き簡素化のために導入された。FXは特定口座制度の対象外である。

関連用語

源泉徴収確定申告損失の繰越控除期間損益報告書申告分離課税

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。