スタグフレーション

 スタグフレーションとは、景気が停滞しているにもかかわらず、インフレーション(物価上昇)が同時進行する状態のこと。

 通常、景気が停滞すると、消費者の需要が落ち込み、これがデフレ(物価下落)要因となり、賃金は上がらなくなる。しかし、原油価格の高騰など、原材料や素材関連の価格上昇によって、景気停滞中でも物価が上昇した場合、賃金は上がらず、資産価値が減っていくため、生活者にとって極めて厳しい経済状況となる。1970年代の「第一次石油ショック」後がこの状態であった。
ワンポイント
 景気停滞を意味する「スタグネーション(stagnation)」と物価上昇を意味する「インフレーション(inflation)」を組み合わせた合成語である。

関連用語

インフレーション

当サイトで公開されている情報(文字、写真、イラスト、画像データ等)及びこれらの配置・編集および構造などについての著作権は株式会社oricon MEに帰属しております。これらの情報を権利者の許可なく無断転載・複製などの二次利用を行うことは固く禁じております。