インフレーション

 インフレーションとは、モノやサービスの値段(物価)が上昇し続け、その進行によりお金の価値が下がっていく現象のこと。「インフレ」と略される。

 経済にとって良いインフレ、悪いインフレがあり、要因もさまざま考えられている。
 例えば、供給を超える需要があることで物価が上がり、企業が儲かり社員の給料が上がれば、購買意欲上昇につながるインフレは好循環が生まれる。
 一方、原材料が値上がりし、仕入れ価格が上昇するが、それほど商品価格を上げることができないことが原因で、企業の業績が悪くなり、賃金は上がらないのに物価が上昇して家計の圧迫につながるインフレは、経済に悪影響を及ぼす。
ワンポイント
 緩やかなインフレが経済にとって良い状態だといわれているが、それは収入が物価以上に上がることが大前提である。

関連用語

スタグフレーションデフレーションインフレ連動債

当サイトで公開されている情報(文字、写真、イラスト、画像データ等)及びこれらの配置・編集および構造などについての著作権は株式会社oricon MEに帰属しております。これらの情報を権利者の許可なく無断転載・複製などの二次利用を行うことは固く禁じております。