初めて車を購入する方必見!!知っておきたい自動車保険のABC

  • 【画像】初めて

 免許を取得して、いざマイカーを購入!そんなときに忘れてはならないのが自動車保険です。自動車保険はさまざまな保険会社で販売されていますので、初めて加入するときは、どの会社を選んだらいいのかよくわかりません。

 自動車保険の補償内容を選ぶにも「対物賠償保険をいくらに設定するべき?」「人身傷害補償特約と搭乗者傷害保険、どちらを選ぶべき?」など、決めなくてはならないことがたくさんあります。そこで、初めて自動車保険に加入する人のために、ぜひ知っておきたい自動車保険の基礎知識をまとめました。

自賠責保険と任意保険

 まず、自動車保険とは、車に関連する損害を補償する保険の総称で、大きく「自賠責保険」と「任意保険」の2つに分けられます。

<自賠責保険>
 自動車損害賠償保障法という法律に基づき、車を所有する人すべてに加入が義務付けられている保険です。ですから、加入するかしないかの選択はできず、「強制保険」とも呼ばれています。そのため、一般的に「自動車保険を選ぶ」といえば、自分の意思で保険会社や保険料を選択できる任意保険のことを指します。

 自賠責保険の補償範囲は対人に限られ、死亡時の補償上限額が3000万円、常時介護を要する障害の場合、補償上限額が4000万円となっています。この金額では、事故の賠償金額によってはまったく補償が足りません。そのため、任意保険は法定義務ではないものの、事実上必要不可欠なものと認識されています。

<任意保険>
 「車に関連する損害を包括的に補償してくれる保険」ではなく、対人賠償や対物賠償、人身傷害補償など、賠償や補償の内容に応じて組み合わされており、対人賠償(無制限が原則)を除いては、その保険を付帯させるかどうか、保険金額をいくらに設定するかなど、幅広い選択肢が用意されています。


 もちろん、保険はどんなケースにも対応できるような補償内容を手厚く備えることが理想です。しかしその場合、保険料がどんどん高くなってしまいます。そのため、自動車保険を選ぶ際は、自分の車の利用のしかた(頻度やスタイル)に応じ、手厚くしておきたい項目とそれ以外の項目とでメリハリをつけます。このように、任意保険に加入する際は、補償の範囲を必要最小限に抑えつつ、安心できる額を設定することが必要になるのです。

 なお、保険会社によって、保険商品の特徴や強みが異なります。そのため、各保険会社の特徴と自分のニーズを照らし合わせて、補償が十分で保険料が合理的な保険会社のプランを探すことも重要でしょう。

代理店型と通販型の違い

 自動車保険の種類は、その加入方法の違いからおもに「代理店型」と「通販型(ダイレクト型)」の2種類に分類できます。

 代理店型自動車保険は、自動車販売店や自動車保険代理店にユーザーが申し込み、担当営業と対面で保険契約を結びます。これに対して通販型自動車保険は、ユーザーがインターネットや電話を通して、保険会社と契約を結びます。

<代理店型のメリット>
 経験豊富な担当営業のアドバイスを受けながら、保険商品の選択や保険料の設定をしていけるところです。「自分で情報を集め、細かく比較・検討するのが面倒くさい」「実際のところ、対人でいろいろ説明を聞かないといまひとつ納得できない」「面倒な手続きはプロに任せたい」という人に適した自動車保険といえるでしょう。

<通販型のメリット>
 コストとスピードです。代理店や担当営業の人件費といった中間マージンを省けるため、同程度の補償内容の自動車保険が、代理店型より割安で加入することができます。また、納得いくまでプランを検討できるため、自分に最適な自動車保険を設計できるでしょう。

年齢と等級で保険料が変わる

 自動車保険は、記名被保険者(その保険で補償を受ける人)の年齢によって、保険料が大きく変化します。統計的に「若い人ほど事故を起こす確率が高い」傾向にあるため、21歳以上、26歳以上など、一定の年齢層に到達する度に保険料が安くなっていきます(およそ30〜35歳が上限)。

 また、自動車保険には「ノンフリート等級制度」といわれる等級制度があります。これは、自動車保険に加入してから保険を使わなかった期間が長くなるほど、1年単位で保険料が安くなっていくというものです。無事故の実績に対する信頼が、保険料の安さにつながっているのです。

 初めて自動車保険に加入する人は、ノンフリート等級制度の6等級からスタートします。事故を起こさずにいれば、最高で20等級まで上げることができ、段階的に保険料の割引幅が大きくなっていきます。ただし、事故を起こしてしまうと3等級ダウンします。立て続けに事故を起こすと6等級以下になり、保険料は割引きどころか割増しになってしまう場合もあります。

  自動車保険を安くする一番の秘訣は無事故期間を長くすることですが、等級を上げることで永続的に保険料が安くなるのであれば、「少々の事故なら損害を自己負担して保険を使わない」ということを、覚えておいたほうがいいかもしれません。

自動車保険を比較する

個別or一括見積もり 違いを比較

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。