スマホや携帯電話でここまでできる!ネット証券の魅力

  • 【画像】ネット証券 魅力

 店舗型証券ではなくネット証券を選ぶ理由のひとつに、「スマートフォン(以下スマホ)や携帯電話からも取引ができること」を挙げる人は多いでしょう。外出先でPCが見られないときや、見たい情報だけをさっと確認したいときに役立つスマホ・携帯電話ですが、「PCなしでどこまでできるのか」と不安に感じる面もあります。

 そういったメリット・デメリットを踏まえつつ、スマホや携帯電話での株取引についてご紹介しましょう。

スマホや携帯電話を使った株取引の状況

 携帯電話の普及、そして近年のスマホ所有率の増加に伴って、「ネット証券をPC以外のデバイスから利用したい」というニーズも増加しています。ネット証券側も、ユーザーの声に応えて携帯電話で利用できるサービスを拡大したり、スマホやタブレットで使用できるアプリを次々とリリースしたりすることで、着実に利用者を増やしてきました。内閣府の消費動向調査では、PCの普及率は76.7%、スマホは69.7%であり、平成28年度でははじめてスマホの普及率がガラケーを上回りました。このようにインターネットを利用するネット証券への需要は益々高まっていると言えます。

 PCでの取引と、スマホ・携帯電話を使用した取引の違いを確認しておきましょう。

・視認性
 PCに比べて、スマホ・携帯電話では、画面の大きさに違いがあります。大きめのタブレットならPCに近い使用感を得られるかもしれませんが、スマホや携帯電話では一度に見られる画面の大きさに限りがあり、情報を一度に把握することはできません。

・ネット環境
 室内で使用するPCと違い、外出先や電車内などでスマホや携帯電話を使用する場合、場所によっては接続が不安定になることがあります。

スマホを使った株取引のメリット・デメリット

 今や、ネット証券のほとんどがスマホアプリをリリースしています。「スマホで取引きできるかどうか」ではなく、「スマホアプリの使い勝手」が決め手だといっても過言ではないでしょう。

 アプリの仕様は証券会社によって異なり、使い勝手もさまざまです。証券会社の口座を開設したらアプリをダウンロードして、機能性を確認してみましょう。自分に合っていると感じたら、株を売買するための資金を入金し、PCと併用して取引をスタートします。PCに比べると画面は小さいものの、できることはほとんど変わりません。むしろ、リアルタイムにマーケットを確認したいというニーズに応えてくれるのは持ち運びができ、場所を選ばないスマホであり、タイミングを逃さず売買したいという人にはぴったりです。 

 「家にパソコンはないけど、スマホはある」という人も増えており、今は取引ツールのひとつであるスマホがメインツールへと進化していくことも十分考えられます。

 それでは、スマホでの株取引のメリットとデメリットについて、詳しく見ていきましょう。

<メリット>
・手軽さ
 会社勤めの人など、昼間自分のPCを自由に見られる環境にない人は、通勤電車の中や昼休み、ちょっとした休憩時間を利用して株価のチェックをするのではないでしょうか。ポケットに入る大きさで、思い立ったらすぐに取り出せるという利便性はスマホならではです。

・操作が簡単
 スマホは、「タップ」や「スワイプ」など、指1本で操作できるのが魅力のひとつ。「普段からスマホサイトをよく見る」「アプリをたくさん使っている」という人であれば、操作方法に戸惑うこともありません。必要な機能だけを残して「自分だけの取引画面」を作ることができるのも、スマホアプリならではといえるでしょう。

・リアルタイムで取引ができる
 銀行への入金や出金も指1本でできますので、忙しい人でもリアルタイムの取引が可能です。ニュース配信機能やプッシュ通知機能など、スマホならではのサービスをうまく利用すれば、投資チャンスを最大限活かすことができます。

<デメリット>
・画面の大きさ
 スマホ取引がスタートした当初に比べると、スワイプで簡単に画面を切り替えられたりなどかなり見やすくなったものの、1画面に表示できる内容はパソコンよりも限られるため、使い勝手の悪さを感じることもあります。

・データ通信量の制限
 スマホ取引をしていると、月ごとに決められているデータ通信量を超えてしまうことがあります。すると、通信速度に制限がかかってしまい、取引に支障が出てしまう可能性があるのです。株取引においてスマホをメインで使おうと考えている人は、事前に設定を見直しておきましょう。

携帯電話でも株取引は可能?

 「長年使ってきた携帯電話に愛着があって手放せない」「できるだけコストを抑えたい」という理由で、近年のスマホブームに乗ることなく、昔からの携帯電話、いわゆる「ガラケー」を使い続けている人は少なくありません。

 では、携帯電話からでも株取引をすることはできるのでしょうか?

 結論から言うと、スマホアプリに比べて使い勝手や視認性では劣るものの、取引自体は可能です。iモードやEZwebなどから、モバイルサイトにアクセスして取引を行います。

 ただし、モバイルサイトでの取引に対応していない証券会社や、これまでモバイルで取引が可能だった会社でも、そのサービスを終了している場合がありますので注意しましょう。また、携帯電話の場合、「リアルタイム更新」と謳っていても、若干のタイムラグがある場合があります。

スマホや携帯電話だけでも、十分取引ができる!

 スマホにも携帯電話にも、それぞれ「できること」と「できないこと」はありますが、基本的な株取引なら十分対応できるということがおわかりいただけたかと思います。今後ますます、スマホや携帯電話で株取引をする人は増えていきそうですね。証券会社も次々とアプリやサービスをブラッシュアップしていきますので、まずはダウンロードして実際に使ってみてはいかがでしょうか。

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。