ローソク足

 ローソク足とは、株価の動きをグラフ化したチャートの代表的なもので、「陰陽足」とも呼ばれている。ある期間の始値、終値、高値、安値の4つの値段を表す。

 始値と終値とで囲まれた“柱”部分を「実体」と呼ぶ。また高値、安値は実体から伸びた直線で表し「ヒゲ」と呼ぶ。
 実体が白抜き(陽線)だとその期間は値上がり、黒塗り(陰線)だと値下りしていると判断できる。

ローソク足

ワンポイント
 ローソク足は日本発祥のチャートで、現在は世界中で利用されている。

関連用語

チャート陽線陰線始値終値高値安値

当サイトで公開されている情報(文字、写真、イラスト、画像データ等)及びこれらの配置・編集および構造などについての著作権は株式会社oricon MEに帰属しております。これらの情報を権利者の許可なく無断転載・複製などの二次利用を行うことは固く禁じております。