ETN(イーティーエヌ)

 ETN(イーティーエヌ)とは、Exchange Traded Noteの略称で、「上場投資証券」または「指標連動証券」のこと。ETF同様に、価格が株価指数など特定の指標に連動し、証券会社を通じて取引所で売買ができる。

 金融機関などの発行体が、その信用力をもとに、特定の指標に連動することを保証する債券であり、証券に対する裏付資産を持たないという特徴がある。そのため、ETFでは組成困難な、希少金属や通貨、農産物などのコモディティー(商品)を投資対象にすることができ、投資対象が広がるという利点がある。
 一方で、担保がないことから、発行体の倒産や財務状況などによっては、価格が下落したり、無価値となる場合もあるため、投資家は発行体の信用リスクを負うこととなる。
ワンポイント
 国内ではETNもETFとして扱われているが、厳密には東証上場のSPDRゴールド・シェアは「金ETF」、大証の金価格連動型上場投資信託は「金ETN」である。

関連用語

ETF株価指数信用格付格付け会社リスク

当サイトで公開されている情報(文字、写真、イラスト、画像データ等)及びこれらの配置・編集および構造などについての著作権は株式会社oricon MEに帰属しております。これらの情報を権利者の許可なく無断転載・複製などの二次利用を行うことは固く禁じております。