リスクアービトラージ

 リスクアービトラージとは、上場企業間のM&A(合併・買収)が成立することを見込んで、その値動きを利用して行う裁定取引のこと。「買収合併アービトラージ」とも呼ばれる。

 買収企業は、被買収企業の株式の買付価格を市場価格より高く設定する。そこで、被買収企業の株式を買い、買収企業の企業の株式を空売りすることで、買収価格との差益を狙う。

関連用語

裁定取引株式空売り

当サイトで公開されている情報(文字、写真、イラスト、画像データ等)及びこれらの配置・編集および構造などについての著作権は株式会社oricon MEに帰属しております。これらの情報を権利者の許可なく無断転載・複製などの二次利用を行うことは固く禁じております。